PC周辺機器

4Kモニターの選び方とおすすめ8選 機能や特徴を詳しく解説

更新日:


高画質な映像を楽しむことができる4Kモニター。数年前までは高価でなかなか手が出せませんでしたが、現在ではかなり価格が下がり、誰でも4Kモニターを手に入れることができるようになりました。

またYouTubeやPCゲームはもちろんのこと、Netflix、Amazonプライムビデオ、U-NEXT、dTVなどのVODでも4K対応作品を配信するようになり、高画質で精細な映像を色々なサービスで楽しむ事ができるようになってきています。

この記事では4Kモニターの性能や搭載されている機能、購入の際の注意点について解説しています。おすすめの4Kモニターもあわせて紹介していますので、機能や価格を比較しながらモニター選びの参考にしていただければ幸いです。

4Kモニターの特徴と機能

4Kモニターは高画質な映像だけがメリットではありません。まずは4Kモニターの特徴とメリットを確認しておきましょう。

解像度が高い

4Kモニターの一番の特徴は解像度が高い点です。解像度が高いモニターは、きめ細やかで滑らかな映像を表示することができます。

現在普及しているフルHDモニターの解像度は1920×1080ですが、4Kモニターの解像度は3840×2160です。モニターに表示できるピクセル(画素)がフルHDに比べ4倍になるので画質が大幅に向上します。

文字が綺麗に表示できる

解像度が高いと文字のギザギザ感がなくなりとても視認性があがります。現在フルHDのモニターを使用している方は意識することがないと思いますが、フルHDから4Kモニターに変えた時にその文字の綺麗さや滑らかさに驚くと思います。

また精細で綺麗な文字が表示できると、目が疲れにくくなるというメリットも生まれます。長時間のPC作業、事務作業を行う方にも4Kモニターはおすすめです。

動画コンテンツを高画質で楽しめる

冒頭にも触れた通り、4K画質に対応するサービスが増えてきています。

YouTubeやNetflixなどのVODを利用している方は多いと思いますが、ぜひ4K画質の迫力ある映像を楽しんで欲しいと思います。

ビデオカメラの多くも4K対応のものになってきています。ホームビデオの視聴や編集も4Kモニターがあればより一層楽しめることでしょう。

画面を分割表示することができる

4Kモニターには分割表示機能が搭載されているものがあります。

複数の画面を同時に表示することにより、作業領域を大幅に広げることができます。モニターの数を増やさずに、デュアルモニター、マルチモニターのような環境を作ることができるのでとても便利です。

4Kモニター 4分割表示

出典:PHILIPS

4Kモニターの選び方

次に4Kモニターを購入する際のポイントを中心に解説していきたいと思います。4Kに限らずPCモニターを選ぶ時にポイントとなる

  • グレア液晶とノングレア液晶
  • 液晶パネルの駆動方式(TN、VA、IPS)
  • 応答速度
  • リフレッシュレート

などのPCモニターについての基礎知識については、関連記事にも詳しく書いているので、ぜひ参考にして下さい。

関連【用途別】おすすめのPCモニター11選 スペック表の見方と用語解説

グレアパネルとノングレアパネル

モニターのパネルは「グレアパネル」と「ノングレアパネル」に大きくわかれます。

グレアパネルは光沢があり鮮やかな映像を表示できますが、光が映り込みしやすいという特徴があります。一方、ノングレアパネルは光沢はありませんが、目が疲れにくく、光の映り込みも少ないという特徴があります。

映像視聴を主目的にするような大型モニターには、「ハーフグレア」という外光の映り込みを抑えつつ鮮やかさを取り入れた、半光沢のパネルを採用した機種もあります。

インチ数と視聴距離

4Kモニターの視聴距離の目安は、「画面の高さ×約1.5倍」といわれています。32インチであれば60cm、40インチであれば75cm程度の距離があれば問題がありません。

解像度が高いと液晶画面が大きくなっても、映像がボヤけることなく綺麗に表示されます。フルHD画質では画像の粗さが目立った視聴距離でも、4Kモニターであれば滑らかに画像を表示させることができます。

HDR

HDR(High Dynamic Range)に対応した4Kモニターが増えてきています。

HDRに対応したモニターは、表現できる明るさと暗さの範囲が大幅に広く、従来のモニターに採用されていたSDR(Standard Dynamic Range)では表現できなかった、肉眼に近いリアルな映像を再現することができます。

VODやPCゲーム、PS4でもHDRに対応しています。今後もHDRが色々な機器で標準的な機能として普及していくのは間違いがないでしょう。

SDRとHDR

出典:Panasonic

接続端子とケーブル

4KモニターとPCはHDMIかDisplayPortで接続します。PC側にHDMIかDisplayPortがないと高画質で映像を映し出すことができません。

また接続するケーブルのバージョンも注意をしておきましょう。バージョンが低いと4K画質を表示できなかったり、フレームレートが低くなってしまいます。

HDMIはバージョンが2.1、DisplayPortはバージョンが1.4が最新の規格です。(2018年12月現在)

おすすめの4Kモニター 32インチ

32インチの4Kモニターは使い勝手のいい、バランスが取れた大きさです。

32インチぐらいの大きさになるとスケーリング設定で拡大をしなくともディスプレイ上のアイコンや文字が見えるようになり、4Kのメリットである作業領域を小さくする必要がありません。ブラウザの文字が小さいと感じる方は、ブラウザのみ文字を拡大すれば使いやすくなります。

視聴距離は60センチ程度で済むので、ほとんどのひとが問題なくデスクに設置することができます。

PHILIPS  328P6VUBREB/11

PHILIPSの「328P6VUBREB/11」は、HDRに加え Ultra Wide Color テクノロジーという鮮明な画像を映し出すことができる機能が搭載されています。

VAパネルが採用されていますが、一人で利用するぶんには視野角が気になることはなく、むしろコントラストや効いた鮮やかな映像が楽しめます。

USB-Type C 端子が搭載されており、ケーブル1本でノートパソコンの映像を映し出したり、充電を行うことができます。

コストパフォーマンスの良さから、よく売れている4Kモニターです。

  • インチ:31.5型 ワイド
  • 駆動方式:VA
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:3000:1
  • 応答速度:4ms(GTG)
  • 入力端子:DisplayPort×1、HDMI×2、USB Type-C×1
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応
  • HDR:対応

BenQ EW3270U

BenQの「EW3270U」はVAパネル採用の発色が良い4Kモニターです。

31.5インチの中ではかなり低価格ですが、HDRや USB Type-C端子などのトレンドになる機能はきっちり搭載されています。

またFPSなどでなければゲーム用途にも十分使えるので、PS4 Proなどのゲーム機を繋げたい方にもおすすめです。

  • インチ:31.5型 ワイド
  • 駆動方式:VA
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:3000:1
  • 応答速度:9ms (GtoG 4ms)‎
  • 入力端子:HDMI 2.0 x2 、Display Port 1.4 ×1、USB Type-C×1
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応
  • HDR:搭載

LGエレクトロニクス  32UL950-W

LGの「32UL950」はIPSパネルを採用した色再現性に優れた4Kモニターです。

キャリブレーションセンサーを使用してカラーマネージメントも行えるので、いつでも正確な色を安定して映し出すことができます。

また OnScreen Control 機能を使えば明るさやコントラストなどの基本的な設定、また使用するアプリケーションごとのピクチャーモード、画面分割などが簡単に行えます。

またUSB Type-C のほかに、Thunderbolt 3 端子を2つ搭載しているので、ディスプレイ同士をデイジーチェーン(数珠つなぎ)接続したり、MacBook Pro などのThunderbolt 3 端子があるノートPCに高速のデータ転送を行うことができます。

金額が高くなっても高機能な4Kモニターが欲しいといった方におすすめです。

  • インチ:31.5型 ワイド
  • 駆動方式:IPS
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:1300:1
  • 応答速度:5ms(GtoG High)
  • 入力端子:HDMI x 1 、Display Port×1、USB Type-C×1、Thunderbolt 3 × 2
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応
  • HDR:搭載

おすすめの4Kモニター 27インチ

27インチモニターはそのままの設定だと文字やアイコンが小さいので、スケーリング設定をして使用している方がほとんどだと思います。

4K画質の映像やゲームを楽しむのが中心で、作業領域がフルHDと同じくらいになっても問題ないといった方におすすめの大きさです。

LGエレクトロニクス 27UL850

LGの「27UL850」は、IPSパネルの27インチ4Kモニターを探している方におすすめのモデルです。

SDRで制作された映像もピクチャーモードの”HDR効果”を使い、HDR画質に変換して楽しむことができます。

スタンドはモニターを90℃回転させることができるピボット機能が搭載されているので、モニターを縦にして使用したい人にもおすすめです。

  • インチ:27型 ワイド
  • 駆動方式:IPS
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:1000:1
  • 応答速度:5ms(GTG High)
  • 入力端子:HDMI x 2 、Display Port×1、USB Type-C×1
  • スピーカー:搭載
  • HDR:搭載

I-O DATA EX-LD4K271DB

アイ・オー・データの「EX-LD4K271DB」は、27インチで価格の安いHDR対応モニターを探している方におすすめです。

ただしHDRで接続できる端子が、3つあるHDMIの中の1つだけなので注意が必要です。PC以外にゲーム機も接続するなど、複数の機器でHDRを使用する場合は接続をし直す必要がなります。

  • インチ:27型 ワイド
  • 駆動方式:ADSパネル
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:1000:1
  • 応答速度:14ms(GtoG)、ODレベル1:7ms(GtoG)、ODレベル2:5ms(GtoG)
  • 入力端子:HDMI×3、DisplayPort、アナログRGB
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応

EIZO FlexScan EV2785

EIZOの「EV2785」は目が疲れにくい4Kモニターを探している方におすすめです。

動画閲覧、文書作成など使用目的によって表示モードを自動切り替えしてくれるので、どの用途でも快適に使用することができます。

USB Type-C 端子も搭載されているので、ノートパソコンとの接続も簡単です。スタンドの可動域が大きく、ノートパソコンとモニターを上下にしてマルチモニター環境を作ることもできます。

フレーム幅が1mmしかないので、スッキリとして無駄なスペースを取らないデザインも魅力的です。

注意点としてはHDRに対応していないので、HDR対応のコンテンツを楽しみたい方は違うモニターを購入したほうが良いでしょう。

  • インチ:27型 ワイド
  • 駆動方式:IPS
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:1300:1
  • 応答速度:5ms(GtoG)
  • 入力端子:HDMI×2、DisplayPort、USB Type-C
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:搭載
  • HDR:非対応

おすすめの4Kモニター 40インチ以上

40インチ以上のモニターは、テレビやVODなどの映像視聴を中心に利用することを想定されている製品がほとんどです。

設置スペースの確保が必要ですが、大画面で見る4K映像は迫力が段違いに素晴らしいでしょう。

LG 43ud79-b

LGの「43ud79-b」はノングレアが採用された42.5インチ 4Kモニターです。

端子類が豊富なのが特徴で、HDMI端子が4つ、さらにDisplayPortやUSB Type-Cも搭載されています。複数の映像デバイスを接続し、画面上に最大で4つの映像を出力することができますが、リモコンが付属しているので操作は簡単に行うことができます。

パネルは視野角の広いIPSを採用しているので、マルチウインドウで作業をしていても、画面端の情報がぼやけることなくしっかりと読み取ることができます。

  • インチ:42.5型 ワイド
  • 駆動方式:IPS
  • 表面処理:ノングレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:1000:1
  • 応答速度:8ms(GTG)
  • 入力端子:HDMI×4 、DisplayPort 、USB Type-C、RS232C(D-sub)
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応
  • HDR:非対応

JAPANNEXT JN-VT4300UHD

JAPANNEXTの「JN-VT4300UHD」は格安で大型モニターを購入したい方におすすめの製品です。

入力端子の種類がHDMIのみであったり、HDRに対応していないという点さえ許容できれば、4K画質が気軽に導入できるコストパフォーマンスの高さです。

応答速度が8msですが、FPSなどでシビアなタイミングを要求しなければゲームも普通に楽しむことができます。

  • インチ:43型 ワイド
  • 駆動方式:AMVA
  • 表面処理:ハーフグレア
  • 解像度:4K UHD(3840×2160)
  • 視野角:上下178°/左右178°
  • コントラスト比:4000:1
  • 応答速度:8 ms
  • 入力端子:HDMI×4
  • スピーカー:搭載
  • VESAマウント:対応
  • HDR:非対応

最後に

モニターの解像度としてはスタンダードになるのは間違いがない 4K UHD。

モニターの設置環境や用途によって最適な大きさを選んで、高画質な映像を楽しんでください。

関連【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の評判と比較

関連【用途別】おすすめのPCモニター11選 スペック表の見方と用語解説


よく読まれている記事

-PC周辺機器
-, , , ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.