家電

【2019年】最新ロボット掃除機 買っても失敗しないおすすめの8機種はこれ

更新日:


気になってたロボット掃除機、いざ調べてみると色々と種類があって迷っていませんか?ひと昔前ならルンバを選んでおけばよかったのですが、今では低価格で充分な機能があるロボット掃除機が増えてきています。

この記事では評判が良く、買っても失敗しないであろうロボット掃除機を紹介しようと思います。

お手頃価格でも高性能なモデル

エコバックス DEEBOT N79

低価格ながら満足度が高いロボット掃除機を探しているなら、一番におすすめするのがこの「DEEBOT N79」です。

ロボット掃除機は金額が高いので失敗したくないと思っているかたが多いと思いますが、この金額なら比較的気軽に購入できると思います。

専用アプリを使えば清掃モードの変更、方向制御、タイマー設定、外出先から掃除開始の指示などがスマホから行えます。

衝突防止機機能、落下防止機能、段差乗り越えなどロボット掃除機としての基本性能は申し分ないでしょう。稼働中の音も静かです。

公式エコバックス 直営ストア

Introducing the Deebot N79

アイロボット ブラーバ 380j

ルンバを販売しているアイロボット社から販売されている「ブラーバ380j」。こちらは拭き掃除を行う製品となっています。

拭き掃除をした後の部屋は裸足で歩いてもサラッとしてとても気持ちがいいです。一度使うとくせになります。動作音がとても静かで夜でも使用できます。

から拭き用のドライクロスと水拭き用のウェットクロスが付属で付いてきますが、クロスの洗濯が手間であればクイックルワイパーなどの市販のシートを利用すれば掃除のあとに使い捨てできるのでとても楽になります。

ブラーバには他に廉価版の「ブラーバ371j」と拭き掃除のパワーが強力になった「ブラーバジェット240」が販売されていますが、一番のおすすめはブラーバ380jになります。

371jは380jに付いている急速充電スタンドがありません。この急速スタンドは縦置きできてスペースを取らず便利なので、予算がゆるすなら380jを選びましょう。

ブラーバジェットは使い捨ての専用シートを使用するのですが、1枚あたり100円以上するので毎日の掃除に使うにはコストがかさみます。

ブラーバはルンバよりも段差に弱いという弱点もあるのですが、絨毯などを敷いてない家庭などではおすすめなので検討の価値ありです。

公式アイロボットストア

床拭きロボット ブラーバ<公式サイト>

ILIFE A4s

この「ILIFE A4s」も初めて買うロボット掃除機としては最適なひとつです。水拭き機能はついていませんが、基本性能はしっかりしています。

一度フル稼働させてダストボックスを見れば、ものすごいほこりが取れているのがわかると思います。稼働中もテレビを普通に見れるぐらいに音も静かです。

アイロボット ルンバ 690

なるべく安く済ませたいけどやっぱりロボット掃除機はルンバが欲しい、という方はこの「ルンバ690」がおすすめです。

価格はDM82やA4sより価格は高くなりますがWi-Fiに対応してますので、スマホでルンバの操作、スケジュール管理が行えてとても便利です。

ルンバ690よりワンランク安いモデルに「ルンバ641」がありますが、Wi-Fiには対応していません。価格はDM82やA4sより高くなるので、そこまで魅力的なモデルではないでしょう。

公式アイロボットストア

Roomba 690 overview

最先端の高機能モデルならこちら

アイロボット ルンバe5

「ルンバ e5」は今まで上位モデルに搭載されていた技術が採用されている高機能モデルながら、価格が手頃でルンバの中でも売れ筋商品となっています。

スマホアプリを使った遠隔操作やスケジュールの管理ができるほか、「Google Home」や「Amazon Echo」などのスマートスピーカーと連携させることも可能です。

またダストボックスが水洗いができるような設計になっているので、汚れを水ですすぐだけで簡単に落とすことができます。

部屋の状況を判別し、くまなく掃除をするためのセンサー「iAdapt」や、強力な吸引力を発揮する「AeroForce 三段階クリーニングシステム」が搭載されているので、清掃力は抜群です。

公式アイロボットストア

Roomba e5 Video Overview 30sec

エコバックス DEEBOT R98

「DEEBOT R98」はロボット掃除機に加え、ハンディ掃除機も付いて来る大変お買い得なモデルとなっています。

上位モデルだけあってマップ機能が搭載されています。レーザースキャン技術で部屋のマッピングをした後は、作成したマップをスマホで確認し掃除してほしくない場所を指定することができます。

ロボット掃除機が充電ドッグに戻った時、ハンディ掃除機がロボット掃除機が集めてきたゴミを自動的に吸い出します。処理するのはハンディ掃除機のゴミだけで済むのはうれしいですね。

公式エコバックス 直営ストア

床用ロボット掃除機 DEEBOT R98 ハンディ掃除機搭載オールインワンモデル

ネイトロボティックス Botavac Connected

ネイトロボティックスの「Botavac Connected」もマップ作成、スマホでの操作に対応しているロボット掃除機です。吸引力にすぐれているので、パワフルなロボット掃除機が欲しいという方におすすめです。

現状では英語やドイツ語にしか対応していませんが、スマートスピーカーの「Google Home」、「Amazon Alexa」と連携することができます。今後日本語に対応すればより便利に使えるようになるでしょう。

アイロボット ルンバ 980

「ルンバ 980」はルンバの中でも最上位機種になります。

ルンバ980も当然ながらマップ作成機能やスマートフォンでの操作・スケジュール管理に対応しています。980はハイパワーモーターユニットが搭載されており、カーペットやラグの上では自動で最大10倍まで吸引力を引き上げます。

一番高性能なロボット掃除機が欲しい、という方は迷わずルンバ980を選びましょう。

ルンバやブラーバは公式サイトでレンタルをすることができます。購入前にお試ししてみたいという方は利用してみてはいかがでしょうか。

公式アイロボットストア

ルンバ980紹介ムービー

最後に

あまり調べないと結局ルンバを選んで終わりとなるのですが、今は色々なロボット掃除機が発売されています。まずは低価格のものを試してみてはいかがでしょうか、時間の節約になって本当に日々の生活が快適になること間違いなしです。


よく読まれている記事

-家電
-

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.