PC周辺機器

PCスピーカーのおすすめ10選 選び方のポイントと基礎知識を解説

更新日:


パソコン本体やPCモニターにスピーカーが搭載されているモデルは多いですが、その機能はおまけ程度で決して音質がいいとはいえません。

映画、ドラマ、音楽、ゲームなどを思う存分楽しむためには、高音質のスピーカーの存在が欠かせません。音質の良いスピーカーを使うと臨場感や没入感が変わり、さまざまなコンテンツで満足度があがることは間違いがないでしょう。

この記事では、PCスピーカー選びで迷わないように、PCスピーカーの種類や構造を解説しています。記事の後半ではおすすめのPCスピーカーも紹介していますので、ぜひ参考にしてください。

アンプ内蔵タイプか確認

アンプ内蔵スピーカー

パソコンなどの音楽再生プレイヤーが読み込む音楽メディアの信号はとても小さく、そのままでは大きな音を出すことはできません。音量を大きくするには、信号をアンプ(amplifier)で増幅させてからスピーカーに通す必要があります。

PC用として発売されているスピーカーは、アンプが内蔵されているものがほとんどですが、スピーカーを選ぶときには、アンプ内蔵の有無を確認しておきましょう。

この記事で紹介しているおすすめPCスピーカーは、「アクティブスピーカー」、もしくは「パワードスピーカー」と呼ばれているアンプが内蔵されているタイプです。

入力端子・接続方式

PCスピーカーとパソコン本体への接続方法を確認しておきましょう。多くのPCスピーカーは複数の接続方式に対応しています。

出典:ONKYO

USB入力

デジタル接続でパソコンのノイズを拾いにくいUSB接続のスピーカーは、多くの種類が販売されています。

注意点としては

  • USBで音声入力と給電をおこなうタイプ
  • USBで音声入力だけを行うタイプ

の2つがあることです。

音声入力と給電をどちらとも行うタイプは、接続がケーブル1本で済むので配線まわりがスッキリとするのですが、大きな出力を出せないという弱点もあります。

USB給電のタイプでも充分な音量がありますが、PCからの音源を大音量で鳴らしたい場合や高音質なスピーカーが欲しい場合は、ACアダプターから電源を取るタイプを選びましょう。

出典:BUFFALO

光デジタル入力(オプティカル)

光デジタル入力は、ケーブルに光ファイバーを使用した接続方法です。

USBと同様にデジタルでの接続なのでノイズが入りにくく、また1本のケーブルで5.1chなどの複数チャンネルの音声信号を伝送できるというメリットがあります。

またアナログ接続に比べて、ケーブルの距離が長くなっても音質の低下が少ないという特徴もあります。

光デジタル端子の形には角型と丸型(光ミニ)の2種類があります。角型と丸型は変換プラグを使用することによって接続が可能ですが、PC本体が光デジタル端子に対応していないこともあるので注意が必要です。

出典:BUFFALO

同軸デジタル入力(コアキシャル)

同軸デジタル入力は、光デジタル入力と同様にノイズに強く、1本のケーブルで複数の音声信号を伝送することができます。

端子の形状がアナログ入力のRCA端子と同じ形状をしています。

出典:Amazon

RCA入力

RCA端子はオーディオ機器で良く使われる赤と白のアナログ端子です。

ケーブルと同様に差込口も赤と白の色分けがされていることがほとんどなので、差込口がわからないということはあまりないと思いますが、赤色がステレオの右、白色がステレオの左となっています。

出典:BUFFALO

ステレオミニジャック

ステレオミニジャック(ステレオミニプラグ)はヘッドフォンやイヤホンに使われている端子です。一本の端子でステレオ接続が可能です。

出典:BUFFALO

Bluetooth

Bluetooth対応のスピーカーを使えば、ワイヤレスでパソコンと接続をすることができます。

無線接続だと音質を心配する方も多いと思いますが、ハイレゾに対応するなど音質面でも満足ができるPCスピーカーが多く販売されています。

出力端子

出力端子

出力端子は付いていなくても問題はありませんが、ステレオミニジャックが1つ付いているとヘッドフォンを接続することができるので便利です。

またサブウーファー出力が付いているスピーカーもありますので、2.1ch再生に興味がある方はチェックしておきましょう。

チャンネル数

スピーカーにおけるチャンネルとは音声出力の数のことをいいます。

2台のスピーカーを使う2chステレオ再生は馴染み深いですが、そのほかにも2.1ch、5.1ch、7.1chなどのチャンネルの違いがあります。

5.1chや7.1dhなどは本格的にホームシアターを作りたい人でないと導入が難しいですが、ステレオスピーカーに低音を加えるサブウーファーを足した2.1chは手軽に迫力のある音響を楽しむことができます。

出典:DOLBY

スピーカーの構造

スピーカーの構造により音の性格に違いがあります。知っておくと好みの音が見つけやすくなるでしょう。

エンクロージャー

「エンクロージャー」とは音を振動させるスピーカーユニットを収める箱で、「密閉型」と「バスレフ型」に分かれます。

密閉型はスピーカーユニットを密閉し、スピーカーユニットの後ろ側から出る音を遮断する方法です。タイトな低音が特徴ですが、ある程度の容積が必要になってきます。

バスレフ型は密閉型の前面もしくは背面に穴(ポート)を開けたものです。空気の穴を開けることにより、低音を増強して再生することが可能で、エンクロージャーの容積を小さくすることができます。

出典:Amazon

ユニット

キャビネットに収めるスピーカーユニットの数によって音に違いがあります。

スピーカーユニットが1つだけのものを「フルレンジスピーカー」、高音用と低音用など可聴域によってスピーカーユニットを複数使うものには「2ウェイスピーカー」、「3ウェイスピーカー」などがあります。3ウェイ以上のスピーカーは「マルチウェイスピーカー」とも呼ばれます。

フルレンジスピーカーは低音から高音までを1つのスピーカーユニットで鳴らすため、音のバランスが良く定位感もすぐれています。しかし1つのスピーカーユニットですべての周波数帯をカバーするので、高音と低音が細くなりやすいという特徴もあります。

マルチウェイスピーカーはそれぞれの可聴域に専用のスピーカーユニットが担当するため、再生できる帯域が広くなるというメリットがありますが価格は高くなります。

出典:Pioneer

出力数

スピーカーのスペック表には「W(ワット)」が記載されています。

「W」はスピーカーの出力で、この数値が大きいほど大きな音量を出すことができます。価格の高いスピーカーほどW数が大きい傾向にありますが、音質とは関係がありません。

パソコンの横にスピーカーを置くような状況であれば、どのスピーカーでも音量で困るということはありませんが、大音量で聞きたいなら10W以上のスピーカーを選びましょう。

格安PCスピーカーのおすすめ

数百円~5,000円で買える格安のPCスピーカーを紹介します。モニターにスピーカーが付いていないので取り敢えず音をだしたい方や、音質に大きなこだわりがない方におすすめの価格帯です。

LOGICOOL ステレオスピーカー Z120BW

LOGICOOLの「Z120BW」はコストパフォーマンス抜群のPCスピーカーです。

音に大きなこだわりはないけど、現在使用しているモニターやノートパソコンに内蔵されているスピーカーでは満足できないという方におすすめです。

スピーカーの背面にケーブルの収納ができるので、デスクに余計なケーブルを出さずにすっきりと使用することができます。

  • 接続方法:USB
  • 電源:USB
  • 出力:0.6W+0.6W
  • 寸法:88×90×110mm

iBUFFALO BSSP29UBK

BUFFALOの「BSSP29UBK」はとにかく価格が安いPCスピーカーが欲しい方におすすめです。

本体は小さいですが大きな音量を出しても音割れすることがありません。ノートパソコンやモニター内蔵のスピーカーでは音量が小さい、音割れをするといった方におすすめです。

持ち運んで使うにも便利なサイズです。

  • 接続方法:USB
  • 電源:USB
  • 出力:最大4W
  • 寸法:90×110×55mm

 エレコム MS-P08UWH

エレコムの「MS-P08UWH」も格安PCスピーカーでおすすめのひとつです。

ステレオミニジャックで接続するので、ノートパソコンのほかスマホやポータブルプレイヤーに簡単に接続することができます。ケーブルに音量調節のボタンも付いています。

  • 接続方法:ステレオミニジャック
  • 電源:USB
  • 出力:2W+2W
  • 寸法:72×74×82mm

高音質PCスピーカーのおすすめ

5,000円から40,000円程度のPCスピーカーを紹介します。5,000円を超えてくると音質はかなりよくなり、音楽や映像コンテンツがより楽しめるようになります。

JBL Pebbles

JBLの「JBL Pebbles」は低価格でコンパクトサイズながら、高音質なサウンドを鳴らすことができる人気スピーカーです。

電源供給と音声入力をUSBケーブル1つで行うので接続は簡単です。場所を取らないコンパクトサイズなのでスピーカーの設置スペースがあまりない方にもおすすめです。

老舗オーディオメーカーのJBLが設計した内蔵D/Aコンバーターを通した音は、今までモニターのスピーカーやノートパソコンのスピーカーで音声を聞いていた人にとっては驚くほど高音質に聞こえるはずです。

横置きができたり外部入力としてスマホに接続したりと、細かい使い勝手も考えられているPCスピーカーです。

  • 入力端子:USB、ステレオミニプラグ
  • 電源:USB
  • 寸法:78×150×132mm

YAMAHA NX-50

YAMAHAの「NX-50」は小さなサイズながら迫力のある音が出せる、コスパ抜群の人気スピーカーです。

音のバランスは全体的にうまくまとまっていますが、このサイズのスピーカーでは不足しがちな低音もしっかりと鳴らすことができるのがポイントです。NX-50をパソコンではなく大型テレビのスピーカーとして使っている方も多くいます。

入力端子にステレオミニジャックが2つ搭載されているので、パソコンにスピーカーを接続したまま接続しなおすことなく、スマホやタブレットなど他の機器を接続することができます。

入力信号で電源のオン・オフが自動で切り替わるのも便利です。パソコンを起動すれば自動でスピーカーの電源が入り、パソコンをシャットダウンすれば30分後に自動で電源が落ちるので、消し忘れの心配がありません。

スピーカーのカラーは5色あるので、インテリアに合わせて好きな色を選ぶことができます。

  • 入力端子:ステレオミニジャック×2
  • 出力端子:ステレオミニジャック
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:7W+7W
  • 寸法:83×184×184mm
  • エンクロージャー:バスレフ型

BOSE Companion 2 Series III multimedia speaker system

BOSEの「Companion 2 Series III multimedia speaker system」は、完成度の高さから発売以来人気を保ち続けているPC用スピーカーです。

PCモニターやノートPC横に設置することを想定された、やや上向きの筐体はそれほど大きいわけではありませんが、BOSEならではの低音が効いた迫力のあるサウンドを鳴らします。

  • 入力端子:ステレオミニジャック
  • 出力端子:ステレオミニジャック
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:非公表
  • 寸法:190×800×150mm
  • エンクロージャー方式:バスレフ型

FOSTEX PM0.3H(B)

FOSTEXの「PM0.3HJ」はハイレゾにも対応した高音質スピーカーです。

PM0.3Hはステレオスピーカーとしても優秀ですが、別売りのサブウーファー「PM-SUBmini2」を付ければ更に厚みのある低音が加わり、映画や音楽での音の聞こえ方が変わってきます。初めて2.1chを試す方におすすめのセットです。

また手元でボリュームをコントロールできるFOSTEXの「PC100USB-HR2」はとても便利でセット購入する方が多いアイテムです。

  • 入力端子:ステレオミニジャック、RCA
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:15W+15W
  • 寸法:100×185×130mm
  • エンクロージャー方式:バスレフ型

ONKYO GX-100HD

ONKYOの「GX-100HD」は、発売されてから10年以上経っても人気を保ち続けているスピーカーです。

低音から高音までクセがない素直な音を出すので、万人におすすめできます。中音から高音は特に綺麗に音を出してくれますが、低音が足りないという方はサブウーファーを足すとより満足できるでしょう。

サイズが少し大きいので設置スペースを取りますが、解像度の高いクリアな音を楽しむことができます。格安のスピーカーと比較すると安いとはいえませんが、音質から考えればコスパの高いスピーカーです。

  • 入力端子:光デジタル、同軸、RCA
  • 出力端子:ステレオミニジャック、モノラルRCA(サブウーファー)
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:15W+15W
  • 寸法:140×260×194mm
  • エンクロージャー方式:バスレフ型

Audioengine  A2+

オーディオエンジンの「A2+」は日本では知名度が低いですが、アメリカではとても評価が高い定番のスピーカーです。アメリカの主要メディア、音楽メディアから多くの受賞があります。

スピーカーのサイズは小さいですが低音もきちんと鳴るのが特徴で、中音域から高音域の音も素晴らしくボーカルの声がリアルに聞こえてきます。ノートパソコンの横に置いても違和感のないサイズながら、解像度が高くクリアな音に驚いてしまいます。

綺麗なポリッシュ仕上げの塗装が施されたスピーカー本体もとても質感がよく、インテリアのひとつとしても存在感があります。

  • 入力端子:ステレオミニジャック、RCA、USB
  • 出力端子:RCAラインアウト
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:トータル60W
  • 寸法:10cm x15cm x 13cm

高級PCスピーカーのおすすめ

音にこだわりのある方でも、満足がいく高品質なスピーカーを紹介します。

ONKYO GX-500HD

ONKYOの「GX-500HD」は、PCスピーカー選びに妥協をしたくない方におすすめです。

GX-500HDで音楽を聞いていると解像度が高く、一つ一つの楽器が鳴っているのがよく分かります。色付けがされていないとても素直な音なので、試聴していても心地よく疲れにくいです。

低音もしっかりと出ていますが、サブウーファーを付ければより重厚な音が楽しめるようになります。USB-DACやインシュレーターを使い最高の環境で使って欲しいPCスピーカーです。

音楽好きなら買って損はありません。PCオーディオとしては最高峰のスピーカーでしょう。

  • 入力端子:光デジタル、RCA×2、
  • 出力端子:ステレオミニジャック(ヘッドフォン)モノラルRCA(サブウーファー)、
  • 電源:ACアダプター
  • 出力:40W+40W
  • 寸法:169×263×240mm

USB-DACで手軽に高音質化

スペックのよいPCスピーカーを購入したとしても、スピーカーとPCを直に繋いでいては、その性能を十分に引き出すことはできません。

しかし、PCとスピーカーとの間にDAC(D/Aコンバーター)を挟むことにより、誰にでもわかるぐらいに音質が向上させることができます。

現在は、一昔前では考えられなかった手頃な価格で、性能のいいUSB-DACが手に入ります。DACを使ったことがない方は、DACの導入も検討することをおすすめします。

関連USB-DACのおすすめ13選 選び方のポイントと基礎知識を解説

最後に

パソコンは数年に一度は買い換える必要が出てきますが、スピーカーは簡単に壊れないのでパソコンが変わってもずっと使い続けることができます。

妥協せずに音質の良いスピーカーを購入し、音楽鑑賞や動画コンテンツを思う存分楽しんでください。

人気【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の評判と比較

人気【用途別】おすすめのPCモニター11選 スペック表の見方と用語解説


よく読まれている記事

-PC周辺機器
-, , , ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.