PC周辺機器

キーボード選びの為の基礎知識&用途別おすすめ10選

更新日:


文字入力のために必須のキーボード。入力しやすいキーボードを使うことにより、大幅に作業効率があがります。

しかしキーボードにはキータッチの種類、配列の違いなどそれぞれに特徴があり、何も知らない状態では自分に合ったものを探すのは大変です。

この記事では自分好みのキーボードを探しやすいように、まずキーボードの仕組みや選び方のポイントを解説し、その後に厳選のおすすめキーボードを紹介していきます。

ぜひキーボード選びの参考にしてください。

キースイッチの種類

まずは使い心地に一番影響がでてくる、キースイッチについて見ていきましょう。主に4つの種類に分かれます。

メンブレン

出典:TSUKUMO

メンブレンキーボードは、キーを押し込むことによりメンブレン(膜)が接点部分に触れて、入力を認識するという仕組みになっています。押し込まれたキーはラバーカップによって押し戻され元の位置に戻ります。

メンブレンキーボードは構造が簡単なので、とても安価に製造することができます。パソコンを買った時に付属してくるキーボードはこのタイプがほとんどです。耐久性はそれほど高くありません。

パンタグラフ

出典:TSUKUMO

パンタグラフキーボードは、キーの沈みが少なくて済むので、薄型のキーボードやノートパソコンに使われる仕組みです。キーの中心を押さなくても、力が伝わりやすいという特徴があります。

キーの沈み込みの薄さと力の伝わりやすさのおかげで、軽いタッチで打鍵することができます。

メカニカル

出典:TSUKUMO

メカニカルキーボードは、キーの内部にスプリングが組み込まれた機械式スイッチがあるので、独特の打鍵感があります。またタイピングをした時に、カチカチとした音がするのも特徴です。

メンブレン構造よりも複雑な構造なだけあって価格は高くなりますが、メカニカルキーボード特有の打鍵感と打鍵音に爽快感を感じる愛用者が多くいます。

またメカニカルキーボードは使用されるメカニカルスイッチ(軸)によって、打鍵した時のキーの重さや打鍵したときの音の大きさが変わってきます。軸はその特性ににより色分けがされています。メカニカルキーボードの軸はドイツの「Cherry」社の軸がよく使われています。

青軸はカチカチとした打鍵音と、しっかりとした打鍵感が味わえ一番メカニカルキーボードらしさを感じることができるでしょう。しっかりとした打鍵感が欲しいゲーマーにも青軸を好むひとが多くいます。カチカチとした音が大きいので、静かな職場などでは使いにくいかもしれません。

赤軸は打鍵音が小さく、キーも軽いタッチで押し込めます。使用場所も選ばず、誰にでもおすすめできるタイプです。

茶軸は青軸と赤軸のちょうど中間の使用感になります。打鍵音も感じられ、キーの重みも適度なのでメカニカルキーボードを使ったことがなく、どれにしようか迷っているなら茶軸から始めるといいでしょう。

黒軸はキーがとても重く、バネの戻りが強いのが特徴です。キーを底まで打ち込むと疲れてしまいますが、キーは底まで打ち込まなくても入力を認識します。慣れてきて軽い力でキーを打ち込み、バネの戻りを利用できるようになると高速でタイピングができるようになります。

  赤軸 青軸 茶軸 黒軸
打鍵音 小さい 大きい やや大きい 小さい
キーの重み 軽い 重い 軽め 重い

静電容量無接点方式

出典:TSUKUMO

静電容量無接点方式はキーが一定の深さまで沈んだときに電気が発生し、入力を認識する仕組みです。スイッチに物理的な接触が起きないという特徴があります。

静電容量無接点方式は、打鍵音が静かで手への負担が少ないので疲れにくく、入力のしやすさや耐久性にも優れているというかなり優れたキーボードです。しかし複雑な構造をしているため高価なキーボードになります。

毎日タイピングを長時間行うような仕事をしている方は、値は張っても思い切って静電容量無接点のキーボードを買うことをおすすめします。耐久性に優れているので何年も壊れませんし、使い慣れたら作業効率がとても上がります。

キーボード構造のポイント

  • メンブレンは価格が安いが、耐久性は高くない
  • パンタグラフは薄型のキーボードに多い、軽いタッチで入力できる
  • メカニカルは打鍵感と打鍵音に特徴があり耐久性が高い。軸の種類により使用感を選択することができる
  • 静電容量無接点方式は、耐久性が高さや入力のしやすさなどあらゆる点で優れているが価格が高い

キーピッチ

隣とのキーの間隔をキーピッチといいます。デスクトップ用のキーボードでは19mmのキーピッチが採用されていることが多いです。

小型のノートパソコンなどではサイズの都合上でキーピッチが狭まりますが、キーピッチが大幅に狭まるとタイプミスを起こしやすくなります。

キービッチが15mmなどのサイズが大幅に小さいサイズのキーボードは、実機を触って使用感を確かめることをおすすめします。

キーピッチのポイント

  • 標準的なキーピッチは19mm
  • キーピッチが狭いとタイプミスを起こしやすい

キーストローク

キーストロークはキーを押し込んだときに沈む深さのことです。

デスクトップ用のキーボードでは4mmのキーストロークが標準的ですが、ノートパソコンのようにパンタグラフで作られたキーボードでは、2mm前後のキーストロークが多く採用されています。

キーピッチとともに使い心地にかなり影響を与える要素なので、キーボードを買う時にはチェックしたい項目です。

東プレのリアルフォースのようにキースペーサーを挟むことによって、キーストロークを変えることができるキーボードも発売されています。

キーストロークのポイント

  • キーストロークはデスクトップ用で4mm、薄型キーボードで2mmほどが多い
  • キーストロークは打鍵感、使い心地に大きく影響を与えるので必ずチェックしたいポイント

ワイヤレスキーボード

最近はワイヤレスキーボードも多くの種類が発売されていますが、Bluetoothで接続するものと2.4Ghzでワイヤレス接続するものに分かれます。

2.4Ghz 接続

2.4Ghzで接続するタイプはPCにUSBレシーバーを挿すことにより、PC側で電波を受信することができるようになります。基本的にUSBレシーバーはワイヤレスキーボードに付属しています。

Bluetooth接続

Bluetoothで接続する場合は、PCにBluetoothが内蔵されていなければなりません。Bluetoothが内蔵されていないパソコンでは、Bluetoothアダプタが必要になります。ノートパソコンではBluetoothが内蔵されていることが多いですが、デスクトップPCではBluetoothが非搭載のものが多いので注意が必要です。

価格面では2.4GhzよりBluetoothの方が高い傾向にありますが、スマートフォンやタブレットにはBluetooth内蔵のものが多いので、そちらでもキーボードが使えるというメリットがあります。

ワイヤレスキーボードのポイント

  • ワイヤレスキーボードは2.4GhzとBluetoothの2種類がある
  • Bluetoothに対応していれば、スマホやタブレットにもキーボードが使用できる
  • Bluetoothに対応していないPCは、別途受信用のアダプタが必要になる

JIS配列とUS配列の違い

キーボードにはJIS配列(日本語配列)とUS配列(英語配列)があります。

US配列にはカナが印字されていないのがすぐにわかると思います。ローマ字入力しかしないので、カナの印字はいらないと思い、それだけでUS配列を買うと、後でとまどうことになるので、あらかじめUA配列とJIS配列の違いを知っておきましょう。

JIS配列(日本語配列)

US配列(英語配列)

US配列とJIS配列は以下の違いがあります。

  • US配列はJIS配列よりエンターキーが小さい
  • US配列はJIS配列より右側のシフトキーが長い
  • US配列はJIS配列よりスペースキーが長い
  • US配列は「全角/半角」、「カタカナ ひらがな」、「無変換」、「変換」がない
  • US配列は「¥」がない
  • 記号の配置が違う

JIS配列からUS配列にすると慣れるまで結構時間がかかると思います。好んでUS配列を使う人もいますが、今までJIS配列を使っていたなら無理してUS配列にする必要もないと思います。

US配列に興味を持った人のほとんどは、カナが印字されてないスッキリしたデザインが気に入ったのだと思います。そういった人たちのためにJIS配列でカナが印字されてないモデルも発売されています。見た目もスッキリしてかっこよく使い心地も変わらないので、カナ入力をしないのならばJIS配列のカナなしモデルはおすすめです。

JIS配列とUS配列のポイント

  • JIS配列とUS配列ではキーの形状や記号の配置が違う
  • JIS配列でカナが印字されていないモデルも発売されている

おすすめの格安キーボード

ロジクール ワイヤレスキーボード K275

ロジクールの「K275」は低価格ながら、機能が豊富なワイヤレスキーボードです。

「K275」は2年間電池交換せずに使用できるほどの省エネ設計に加え、メール、ボリューム、音楽などの操作がワンタッチで行えるホットキーが備わっています。

またうっかり水をこぼした時にも安心の防水設計です。

  • キースイッチ:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:3.2mm
  • 配列:JIS配列
  • 接続:ワイヤレス(2.4Ghz)

iBUFFALO 無線(2.4GHz) キーボード&静音マウスセット BSKBW100SBK

バッファローの「BSKBW100SBK」はワイヤレスキーボードに加え、ワイヤレスマウスも一緒に付いてくるコストパフォーマンス抜群のセットになっています。

キーボードとマウスの電波を受信するレシーバーは1つで済むので、USBポートの空きが少なくても安心です。

キーストロークが2.3mmと浅めに設計されているので、薄型のキーボードが好きな方におすすめです。

  • キースイッチ:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2.3mm
  • 配列:JIS配列
  • 接続:ワイヤレス(2.4Ghz)

おすすめのタブレット用キーボード

Logicool ロジクール K480BK Bluetooth ワイヤレス キーボード

ロジクールの「K480」はパソコンだけでなく、タブレットやスマートフォンとデバイスを切り替えて使えるキーボードになっています。デバイスの切り替えは本体に付いているダイヤルをまわすだけなので簡単です。

Windows、アンドロイド、Mac、iOS、Chrome OSとどんなOSであろうと使用することができるので、パソコンはWindows、スマホはiPhoneといった方でも安心です。

キーボードの本体にタブレットやスマートフォンを立てかける事ができる溝が付いているので、スタンドがない外出先でも快適に作業を行う事ができます。

  • キースイッチ:パンタグラフ
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2mm
  • 配列:日本語84
  • 接続:ワイヤレス(Bluetooth)

エレコム Bluetoothキーボード  スタンド付 ブラック TK-DCP01BK

エレコムの「TK-DCP01BK」は12.9インチまでのタブレットが設置可能な、スタンド付きキーボードです。最大で3台までのデバイスをペアリングすることができます。

単3電池1本で動作するほか、USB給電も可能なので電池切れを心配せずに動作させることができます。

スタンド部分に電源スイッチが付いているので、タブレットやスマートフォンを立てかけるだけで電源がONになります。逆にスタンドからタブレットを取り外せば自動的に電源が切れるので使い勝手のいい設計になっています。

  • キースイッチ:パンタグラフ
  • キーピッチ:17.5mm
  • キーストローク:1.7mm
  • 配列:日本語87
  • 接続:ワイヤレス(Bluetooth)

エレコム ワイヤレス キーボード Bluetooth 折りたたみ  TK-FLP01PBK

エレコムの「TK-FLP01PBK」は折りたたんで、コンパクトに持ち運びができるワイヤレスキーボードです。ポケットに収まるぐらいの大きさなので、荷物がかさばるのが嫌だという人におすすめのキーボードです。

「TK-FLP01PBK」にはタッチパッドが搭載されています。ノートパソコンと同じようにパッドを使ってタップ操作をしたり、マウスカーソルを操作することができるのでとても便利です。

持ち運び時に使用する保護ケースが付いていますが、キーボード使用時にタブレットスタンドとして使用することができます。

マルチペアリングで3台まで切り替えが可能です。

  • キースイッチ:パンタグラフ
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2.0mm
  • 配列:日本語78
  • 接続:ワイヤレス(Bluetooth)

クリエイターやビジネス用のおすすめキーボード

Logicool ロジクール KX1000s bluetooth ワイヤレスキーボード CRAFT

ロジクールのワイヤレスキーボード「CRAFT」は搭載されたクリエイティブ入力ダイヤルによって、PhotoshopやIllustratorなどのAdobe製ソフトやMicrosoftのEXCELやWordをスムーズに操作することができます。

使用しているアプリのプロファイルをインストールすることによって、ダイヤルをタップして機能を変更したり、回転させて数値を変更するなど様々な操作が可能になります。

瞬時に操作したい機能にアクセスができるようになるので、集中を途切れさせずに作業に没入できることでしょう。

Adobe Illustrator CC(Creative Cloud)でロジクールCraftを使用 - Japanese
  • キースイッチ:パンタグラフ
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:1.8mm
  • 配列:JIS配列
  • 接続:ワイヤレス(Bluetoothと2.4Ghz両方に対応)

レノボ・ジャパン ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント

「ThinkPad Bluetooth ワイヤレス・トラックポイント・キーボード」はノートパソコンで有名なThinkPadのキーボードと同じデザインを採用したモデルです。

ThinkPadのキーボードの特徴はキーボードの中心に付いている赤いトラックポイントです。このトラックポイントはマウスカーソルを操作することができます。

慣れるまである程度時間が必要ですが、トラックポイントはキーボードをホームポジションに置いたままマウスカーソルを操作できるので、とても快適にPC作業を行えるようになります。

なるべくマウス操作を減らしたいと思っている方におすすめのキーボードです。

  • キースイッチ:パンタグラフ
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:2mm
  • 配列:JIS配列
  • 接続:Bluetooth

東プレ REALFORCE SA R2  静電容量無接点方式 かな表記なし  R2SA-JP3-BK

東プレのリアルフォースシリーズは静電容量無接点方式を採用した、最高品質のキーボードのひとつです。一度リアルフォースを使うと他のキーボードが使えなくなる人がほとんどではないでしょうか。

リアルフォースの中でもこの「R2SA-JP3」は静電容量無接点方式に加え、APC(アクチュエーションポイントチェンジャー)機能が搭載されています。キースイッチがオンになる位置を1.5mm、2.2mm、3mmの3段階で調節することができます。

軽いタッチで素早く入力したい人は1.5mm、ストロークを長くして入力間違いを減らしたい人は3mmに設定して反応速度を調節すれば、使い心地が向上するでしょう。

また「R2SA-JP3」には2mmと3mm厚のキースペーサーが付属しています。キースペーサーをキーキャップの下にはさむことにより、キーストロークの戻りを早くすることができるので、APCをより効果的に使用することができるでしょう。

APC

キースペーサー

高速にタイプして同時押しのような入力になっても、きちんと認識されるので素早いタイピングをする方にもリアルフォースはおすすめです。

長時間の入力作業をする方、タイピングを高速にして効率を上げたい方、腱鞘炎に悩まされている方などは購入を検討してみてはいかがでしょうか。

  • キースイッチ:静電容量無接点方式(静音タイプ)
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:4mm(調節可)
  • 配列:JIS配列(カナ無し)
  • 接続:有線(USB)

おすすめのゲーム用キーボード

BUFFALO ゲーミングモデル  BSKBCG305BK 【Windows/PS4/PS3対応】

ゲーム用のキーボードが欲しいけど高い金額はだせない、と言った人におすすめなのがバッファローの「BSKBCG305BK 」です。

この「BSKBCG305BK 」は普通のキーボードでは対応していない、同時押しに対応しています。キースイッチはメンブレンなのですが、メカニカルに近い打鍵音がするので入力の確認を音で行うことができるのもメリットでしょう。

  • キースイッチ:メンブレン
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:4mm
  • 配列:JIS配列(カナ無し)
  • 接続:有線(USB)

Razer BlackWidow Chroma V2 JP 日本語配列 緑軸メカニカル ゲーミングキーボード

「Razer BlackWidow Chroma V2 JP」はゲーマー向けのデバイスで大人気のRazerから発売されているゲーミングキーボードです。

メカニカルキーボード特有の打鍵音が好きな人は、使っていてとても楽しいキーボードだと思います。

緑軸以外にも黄軸が発売されていますが、緑軸はしっかりとクリック感が欲しい人向け、黄軸は打鍵音が控えめで連射動作を多くするゲームに向いています。アクチュエーションポイント(キーを押してスイッチが反応する位置)は緑軸が1.9mm、黄軸が1.2mmです。

高い耐久性、同時押し入力、疲れにくいリストレスト、性能面では間違いなく最高峰のヘビーゲーマーならぜひ手に入れたいゲーミングキーボードです。

  • キースイッチ:メカニカル
  • キーピッチ:19mm
  • キーストローク:4.0mm
  • 配列:JIS配列
  • 接続:有線(USB)

最後に

キーボードは打ちやすく、心地よい打鍵音がするものを使うだけで不思議と仕事のモチベーションまであがってきます。じっくりと調べて自分に合ったものを探してみてください。

関連【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の特徴と比較

関連失敗しない中古PC・中古タブレットの選び方とおすすめショップ12選


よく読まれている記事

-PC周辺機器
-, ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.