Webサービス

URLで支払いが出来るPayPal.meが便利そうなので作ってみた

更新日:


決済方法として優秀なPayPal。取引相手との間にPayPalを挟むことによって、クレジットカード情報を相手先に知らせずに支払いをすることができるので、クレジットカード情報を悪用されることがありません。通販を利用したり、オークションなどWebでの取引をする人には必須のサービスです。

通常の利用でも便利なPayPalなのですが、海外ではすでにサービスを開始していた「PayPal.me」が日本でも利用可能になったとのニュースを見たので早速「PayPal.me」の自分専用リンクを作ってみました。

公式PayPal.me

PayPal.meとはどんなサービスか

「PayPal.me」はEメールやTwitter、Instagram、FacebookなどのSNSでの、決済・請求を簡単に行えるようになるサービスです。「PayPal.me」のリンクをクリックするだけで、すぐに決済画面に移動します。

下の画像がPayPal.meのリンク例ですが、[PayPal.me/アカウント名/金額通貨]という形になっています。金額の数字を変えることによって、請求する額を変えることができるのでとても便利です。日本円で請求する場合は金額の後に[JPY]を付けましょう。あまり利用することは無いかもしれませんが、通貨をUSDやEURにすることによりドルやユーロでの請求をすることができます。

支払いまでの手順が簡略化される

PayPalで相手のメールアドレス宛に支払う時は、

  • PayPalアカウントにログイン
  • 「支払いと請求」で「商品またはサービスの代金を支払う」に移動
  • 支払先のメールアドレスを入力
  • 金額と通貨を入力
  • 配送がある場合は配送先を入力
  • 支払い方法画面に移動し利用するクレジットカードを選択
  • 支払い終了

という流れになっていますが、「PayPal.me」を利用して相手に支払いをする場合は、

  • PayPal.meのリンクをクリック
  • PayPalにログイン
  • 支払いに使うクレジットカードを選択
  • 支払い終了

という流れで済みます。

従来の支払い方法では、支払先のメールアドレス入力、金額と通過を入力という作業が必要でしたが、「PayPal.me」ではリンク先に支払い金額と通貨が設定されているので、簡単に支払いが完了します。

PayPal.meはどんな時に便利か

オフィシャルサイトでも紹介されているように、フリーランスの方やSNSで活動されている方の決済・請求方法としてすごく優秀だと思います。

TwitterやInstagramのDMに「PayPal.me」のリンクを貼るだけで、相手に請求できるので面倒なやり時がかなりはぶかれます。アイデア次第で色々な利用の仕方ができるのではないでしょうか。

またビジネス以外にも友人同士で行う飲み会の会費を集めたり、旅行代金の支払いを集めるという使い方もできるかもしれません。個人間のやり取りに関しては、手数料が発生しないのでその点は使いやすいのではないでしょうか。

PayPal.meリンクの作り方

「PayPal.me」のリンクを作るには、PayPalのアカウントを”ビジネスアカウント”、もしくは”プレミアアカウント”にしなければなりません。

すでに”ビジネスアカウント”か”プレミアアカウント”をお持ちの方は、PayPalのトップ画面でPayPal.meのリンクを作成するボタンが表示されているはずです。

画面の指示通りに進めていけば、特に困ることはないと思いますが、一度作ったアカウント名は変更することができないので注意しましょう。アカウントに使うことのできる文字はアルファベットと数字だけです。記号などは使えません。

法人や個人事業主でPayPalのビジネスアカウントをお持ちでない方は、とても便利なので登録しておくことをおすすめします。初期費用もアカウントの維持費もかからないので、作っておいて損はないでしょう。

事業をしてない方で「PayPal.me」のリンクを作りたい人はプレミアアカウントを作ればいいでしょう。免許証などの本人確認できる画像があればアカウントをアップグレードできます。

公式PayPalアカウントアップグレード本人確認手続き

 最後に

SNSが発展している現代では、このような決済方法があるのはとても便利ではないでしょうか。個人的には友人や家族とのちょっとした金銭のやり取りや、友人同士で行うイベントの会費集めに使ってみようと思います。


よく読まれている記事

-Webサービス
-, ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.