Web

feedlyに不具合が出たのでinoreaderに変えてみました

更新日:


以前にGoogleアラートとfeedlyを連携して、情報収集するという記事を書きました。毎日便利にfeedlyを使い特に不満もありませんでした。

しかし先ほどGoogleアラートに登録しているキーワードを編集し、feedlyに連携させようとしたのですがうまくいきませんでした。フィードURLは変わっているはずなのに、そのURLは登録されていますと表示されてしまうのです。
何が原因かわからず色々と試行錯誤しましたがうまくいかず、仕方がないのでしばらく違うRSSリーダーを試してみようと思い、日本語に対応しているという「inoreader」を使ってみました。

使ってみた感想ですが、若干動きがfeedlyより遅いかなという気はしますが、日本語対応に加え直感的にわかるインターフェイスはとても優秀です。
feedlyは英語表記でちょっと使いにくいと感じている方は、すぐに乗り換えをおすすめします。またinoreaderはフィルタリング機能が優秀なので余計なノイズをできるだけ取り除きたいといった方にもおすすめですよ。

inoreaderの登録

こちらからinoreaderにアクセスして下さい。

右上のプルダウンメニューから言語を日本語に切り替え、「フリーのアカウントを作成」をクリックします。

メールアドレスとパスワードを入力するか、FacebookもしくはGoogleのアカウントと連携しinoreaderのアカウントを作成します。

コンテンツを追加する画面に切り替わるので、興味のあるものがあれば選択します。これでinoreaderのアカウントが作成できました。

拡張機能 inoreader Companion をブラウザに追加する

左上の検索窓にURLを入力しフィードを追加してもいいのですが、Chrome拡張機能の「inoreader Companion」を追加するとフィードの登録も楽になり、通知もしてくれて便利なのでおすすめです。Firefoxにも inoreader Companion のアドオンがあります。

inoreader Companionがあれば、フィードを追加したいサイトで「+」をクリックすると登録できます。

feedlyのフィードをinoreaderにインポートするには

inoreaderはfeedlyで購読していたフィードを、インポートする事ができます。

右上の「歯車」マークから「設定」をクリックします。

 

設定から「インポート/エクスポート」をクリック。

 

インポート/エクスポート画面で「こちら」をクリックすると、feedlyを登録したメールアドレスにメールが届きます。メールには「アクセストークン」へのリンクが貼られています。
アクセストークンをコピーしインポート/エクスポート画面に戻ってペーストし、「インポート」をクリックするとインポートが完了します。

Googleアラートとinoreaderを連携するには

GoogleアラートでフィードのURLを取得し、inoreaderの検索窓に入力すればGoogleアラートと連携する事ができます。

GoogleアラートでのURL取得については、以下の記事に詳しく書いてありますので参照してください。

関連「Googleアラート」と「feedly」で気になる情報を自動で手に入れよう!


よく読まれている記事

-Web
-,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.