コーヒー

コーヒーの酸味と苦味が大きく変わる!8段階の焙煎を知ろう!

更新日:


 

今回の記事は焙煎について、書いてみたいと思います。
コーヒーは生豆のままでは、普段味わっているコーヒーの香ばしさや苦味を感じる事はできません。コーヒー豆に熱を加える焙煎の過程を経て、香りや味が引き出されていきます。コーヒーは焙煎度合いによって酸味や苦味が大きく変化するので、自分好みのコーヒーを飲むのに焙煎の知識は必須ですよ。

コーヒーの焙煎度合いについて

みなさんも深煎りという言葉は、比較的よく目にするのではないでしょうか。深煎りがあれば当然浅煎りと中煎りもあります。コーヒーの焙煎は一般的に8つの段階に分けられます。焙煎の段階によって味が変わって来るので、それぞれの特徴を知って飲み方や豆選びの参考にして下さい。

浅煎り 【ライトロースト・シナモンロースト】

一番浅い煎り方がライトロースト、その次の段階がシナモンローストです。生豆から熱を加える事によって、うっすらとした茶褐色になっています。

ライトローストの段階では、コーヒーの風味や香りがほとんどありませんので、まず飲み物として美味しく感じられないでしょう。

シナモンローストその名の通り、色がシナモンに似ているのでこう呼ばれています。コクや苦味はほとんどなく、強い酸味が出ています。いわゆる浅煎りといえばシナモンローストの事を指します。

中煎り 【ミディアムロースト・ハイロースト・シティロースト】

初めて試す豆は中煎りをおすすめします。豆のキャラクターがきちんと出てきて、香りやコクを楽しむ事ができます。

ミディアムローストはシャープで強い酸味を感じます。酸味がほしい方はこの段階でストレートコーヒーを試してみましょう。

ハイローストも酸味が残っていますが、ミディアムローストより柔らかく、まろやかになってきます。バランスが良く豆のキャラクターもわかりやすい焙煎度合いです。どの豆にも合う煎り方でしょう。

シティローストでは酸味がかなり弱くなり、まだ苦味もそれほど強くありません。こちらもどの豆にも合う煎り方なので、どの焙煎度合いにするか迷った時はハイローストかシティローストを試してみましょう。

深煎り 【フルシティロースト・フレンチロースト・イタリアンロースト】

深煎りの段階に入ってくると、豆に脂が浮き出てきて、光沢が出てきます。味が濃く苦味が出てくるので、ミルクを入れる等のアレンジコーヒーを試すにもこの段階の煎り方がいいでしょう。

フルシティローストになると、豆の色が茶色から黒色に近い感じに変わってきます。エスプレッソやアイスコーヒーにするのであれば、フルシティロースト以上の深煎りを選びましょう。

フレンチローストになると、かなりツヤツヤとした脂が目立ってきます。酸味は感じられず強い苦味を感じます。

イタリアンローストになると酸味は全くなく、かなり力強い苦味を感じます。ストレートで飲むには、苦味が強すぎると感じる方が多いと思います。ブレンドで苦味を足すために使ったり、しっかりした味が必要になるアイスコーヒーに使用する事が多いです。

ちなみにスターバックスで販売している豆は、一番の深煎りがフレンチローストでその次がイタリアンローストになっており一般的な順番と逆になっています。スターバックスで深煎りの豆を買う時は注意してください。

最後に

コーヒーの味わいを左右する焙煎、いかがでしたでしょうか。
焙煎を知っていると豆を購入する時にも、今回はキリマンジャロの酸味を強く味わいたいからミディアムローストで注文しよう等と好みや気分で選択ができるようになります。
また同じ産地の豆でも焙煎によってキャラクターの出方が変わり面白いので、色々試して自分にとってのベストを探してみて下さい。

関連コーヒーメーカーの選び方&おすすめ20選【全自動/ミル付き】


よく読まれている記事

-コーヒー
-

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.