コーヒー

1分で美味しいコーヒーが出来上がるエアロプレスを使ってみよう!

更新日:


皆さんはエアロプレスというコーヒーの抽出方法をご存知ですか?エアロプレスは2005年にエアロビー(Aerobie)社によって開発された、まだ新しいコーヒー抽出法です。同社は「エアロビー」という名のフライングディスクを作ったスポーツ玩具メーカーです。

エアロビー社はエアロプレスに関しての宣伝をあまり行ってきませんでしたが、美味しいコーヒーを淹れることができるとの口コミにより、今ではコーヒー抽出方法の一つとしての地位を着々と築いています。

エアロプレスを採用しているカフェはまだ少ないですが、味わいの良さはもちろん抽出時間の短さも有り、これからどんどん広がっていくこと間違いなしです。

エアロプレスの特徴と出来上がるコーヒーの味

エアロプレスは注射器のような構造になっており、ピストンで圧力をかけてコーヒーを抽出します。この圧力をかける構造により抽出時間が短く済み、かつ濃いコーヒーが抽出できるようになりました。

なぜこのような構造になったかというと、コーヒーに適した湯温が発想の元になったといいます。通常コーヒーは沸騰してすぐのお湯を使いません。なぜならお湯の温度が少し下がった方が美味しいコーヒーを抽出できるからです。下がった温度でコーヒーを淹れるなら抽出に掛ける時間は短い方がいいと考えた結果、現在の形になったそうです。

エアロプレスはペーパーもしくは金属のフィルターを通してコーヒーを濾すのですが微粉はなく、フレンチプレスでどうしても出てくるコーヒーの微粉が苦手だと言う方はエアロプレスをおすすめします。

エアロプレスで淹れたコーヒーは、コーヒーオイルが出て来るのでコクがあるのですが、フレンチプレス程まではオイルを抽出しないのでスッキリとした味わいになります。抽出時間が短いのも雑味を減らしスッキリとした味わいになっている要因でしょう。

プレスして作るのでエスプレッソとまではいきませんが、濃いコーヒーが出来上がります。好みにあわせてですが抽出されたコーヒーにお湯を入れて薄めて飲む人が多いです。お湯では無くホットミルクを加えて、カフェラテのようにしても美味しいです。

エアロプレスの使い方

エアロプレスの使い方を説明します。
通常の使用法とインバート法という2種類の方法をご紹介します。

コーヒー豆の挽き方は中細挽きがおすすめ

コーヒー豆の挽き方は中細挽きが、失敗しにくくておすすめです。出来上がった味のバランスがいいと思います。細引きだと雑味が出すぎる場合が多いです。

一般的なエアロプレスの使い方

公式サイトの動画を紹介します。

How to make a great cup of coffee with the AeroPress coffee maker

1. キャップ内にフィルターを入れて、チャンバーの底にキャップを取り付けます。
2. チャンバーをマグカップの上に乗せて、コーヒー粉を1杯入れます。
3. チャンバーを少し揺らして粉をならします。
4. チャンバーの「②」のところまで80℃のお湯を注ぎます。
5. 10秒かき混ぜます。
6. プランジャーを差し込んで、ゆっくりとやさしくプレスします。
7. マグカップからチャンバーをはずし、コーヒーにお湯を足します。
8.キャップを取り外し、プランジャーを押して使用済みのコーヒー粉を押し      出してからすすぎます。

以上が動画の一連の流れです。
動画ではコーヒー粉が1杯だけでしたが、1杯半から2杯ぐらい粉を入れた方が個人的には美味しいと思います。
コーヒー粉の量、お湯の温度、お湯を数回に分けて入れる、かき混ぜの回数、プレスする時間を長くする等で味が変わってきますので、自分好みの味を探してみて下さい。

インバート法

これは倒立法やアップサイドダウンとも呼ばれ、エアロプレスを使用しているユーザーが編み出し有名になった抽出方法です。

通常のフィルターが下になった方法では、お湯をチャンバーに入れてからすぐに抽出液が落ちてしまいます。しっかりとコーヒー粉とお湯を浸らせて、濃いコーヒーを抽出するためにこの方法が考え出されました。

Aeropress Perfection

38秒ぐらいのところから解説します。
1. チャンバーにプランジャーを入れて、逆さまに立てます。
2. 30gのコーヒーをチャンバーに入れます。
3. 80℃のお湯、2/1カップ(100ml)を入れて、タイマーで時間を計り始めます。
4. 10秒かき混ぜます。
5. キャップとペーパーフィルターを取り付けます。
(フィルターは濡れていいたほうがコーヒーの中に落ちなくていいかも)
6. 20~30秒経ったらチャンバーをひっくり返してカップの上に乗せプレスする。
7. 出来上がったコーヒーにお湯を加える、もしくはホットミルクを加えて完成です。

インバート法でもコーヒー粉の量やお湯の量、粉をお湯に浸す時間などを調節して美味しいコーヒーを見つけてみて下さい。

コーヒーオイルを多く抽出したい時は金属フィルター

ペーパーフィルターの他に、エアロプレス用の金属フィルターも発売されています。金属フィルターを使用するとコーヒーオイルが多く抽出されるので、フレンチプレスに近いコクのある味に仕上がります。
しかも微粉はフレンチプレスより少ないです。フレンチプレスで淹れたコーヒーが好きだけど、微粉が苦手だという方は一度金属フィルターを試して欲しいですね。

最後に

エアロプレスを使っていると楽しくて、今度はこうして淹れてみようかなと色々な抽出方法を研究したくなってきます。是非、自分だけの特別なレシピを編み出して下さい。

関連コーヒーメーカーの選び方&おすすめ20選【全自動/ミル付き】


よく読まれている記事

-コーヒー
-,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.