BTO

【株・FX】おすすめのトレード用マルチモニターPC【BTO】

更新日:


FX・株 マルチモニター

発注画面用モニターに各種チャートを表示するためのモニター、情報収集用モニターにはSNSやBSSを表示して、ぜいたくをいえば暇つぶしのためにテレビ用のモニターも欲しい…。

トレードに慣れ、知識が増えていくごとに監視する対象が増えていくので、モニターの数が足りないと感じているトレーダーの方は多いはず。

この記事では4画面、6画面、8画面などのマルチモニター環境を作ることができるBTOパソコンとショップを紹介します。

自分で一からマルチモニター環境を作ることは大変ですが、マルチモニター用のパソコンをBTOショップで購入すれば簡単にディーリングルームが完成してしまいます。

トレーディング環境を向上させたいと思っている方は、ぜひ参考にしてください。

マルチモニターPCを販売している おすすめBTOショップ

製品ラインナップにマルチモニターPCがあるBTOショップを紹介します。

パーツ構成などを考えるのが面倒な方やパソコンが苦手な方は、BTOショップが用意しているマルチモニターPCを注文することをおすすめします。

パソコン工房 【 kabuパソ・外為パソコン】

パソコン工房 kabuパソ

パソコン工房の「kabuパソ」「外為パソコン」は、パソコン本体に加えて”モニター”と”モニターアム”、更に”パソコン設置サービス”が付属しているモデルです。

マルチモニター環境が安定して動作するように検証して作られたモデルなので、パーツ構成など面倒なことは何も考える必要はありません。

スタッフが自宅まで来て取引が行える状態にまでセッティングしてくれるので、簡単にトレーディング環境ができあがります。モニターをモニターアームに何枚も設置するのは大変な作業なので、女性の方にもこの設置サービスはありがたいのではないでしょうか。

kabuパソと外為パソコンはカブドットコム証券との共同企画で開発されたので、カブドットコム証券の取引ソフトが最初からインストールされています。もちろんカブドットコム証券でしか使えないパソコンというわけではないので、普段利用している証券会社の取引ソフトをインストールしたり、MT4をインストールしてオンライン取引を行うことができます。

ラインナップとして、kabuパソは1画面、2画面、4画面、6画面、8画面。外為パソコンは1画面、2画面、4画面、6画面のバリエーションがあります。

カスタマイズ性は低い

簡単にマルチモニター環境が手に入るkabuパソと外為パソコンですが、デメリットとしてはカスタマイズ性の低さがあげられます。

メモリやストレージの容量を変更することはできますが、その他のカスタマイズはほとんどできません。CPUはモデルごとに固定されていて変更することができません。

モニターはiiyama製の21.5型、フルHD、TNパネルのものが採用されていますが、こちらもメーカーや注文する枚数を変更することができずに固定されています。

サポートが手厚い

パソコン工房でパソコンを購入すると24時間365日のサポートが標準で付いてきますが、kabuパソと外為パソコンもそのサポートの対象になっています。

また全国に70店舗以上を展開している、パソコン工房でもサポートを受けることができます。直接スタッフに相談したり、パソコンを持ち込んで修理することができるのは大きなメリットです。

パソコンが苦手な方には心強いサポート体制といえるでしょう。

おすすめのマルチモニターPC

パソコン工房kabuパソ 6画面

kabuパソ 6画面モデル PRO-kabu.6 v7
CPU Core i7-8700
GPU GeForce GT 730 1GB DDR3 [HDMI×4]
GPUセカンド UHD Graphics 630 [2画面出力対応] 
メモリ DDR4-2666 16GB(8GB×2)
SSD 240GB 2.5インチ Serial-ATA SSD
HDD 2TB 3.5インチ Serial-ATA HDD
マザーボード インテル Z370 Express チップセット
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ [LG GH24NSxx]
電源 500W [80PLUS GOLD認証] 
OS Windows 10 Pro 64ビット
モニター 【21.5ワイド】iiyama ProLite E2280HS ×6台[フルHD/TN・非光沢/スピーカーあり]
モニターアーム 横3画面2段タイプ [モニターアーム・スタンド式] / [~24型対応] 
パソコン設置 パソコン設置サービス付き

kabuパソシリーズはカブドットコム証券の取引ソフト、「kabuステーション」の専用レイアウトが、あらかじめセッティングされています。

レイアウトはトップトレーダーのノウハウとデータが蓄積されて作られたものです。

レイアウトをどうするかは悩みどころですが、まずはこの専用レイアウトを使い自分好みに調整していきましょう。

公式最大8画面で市況を読む!パソコン工房「トレーディング専用パソコン」

パソコン工房のマルチモニターPCまとめ

  • PC本体、モニター、モニターアーム、設置サービスまで含めたパッケージ商品
  • カスタマイズ性はないが、簡単にマルチモニター環境が手に入る

エーチャージ(ACHARGE)

エーチャージ マルチモニター

エーチャージはトレード用のマルチモニターPCだけを扱う専門ショップです。

対応しているモニター枚数のラインナップは4画面、6画面、8画面、9画面、12画面です。モニター枚数の違いのほかに、使用されているパーツによって以下のようなグレード分けがされています。

  • エントリー:入門用・低価格モデル
  • スタンダード:低価格・高性能モデル
  • プレミアム:高性能・高品質モデル
  • ゴールド:高性能・高品質・高耐久モデル

エントリーモデルではメモリ容量がギリギリだったりするので、グレードはスタンダード以上をおすすめします。

予算に余裕のあるひとは、マザーボードや電源に高品質パーツを採用しているプレミアムを選択しましょう。安定してパソコンが動作します。

カスタマイズができる

エーチャージのマルチモニターPCはカスタマイズが可能です。

グレードによって固定されているパーツもありますが、CPUやメモリ容量の変更、ケースや電源の変更が可能なので、自分好みのPC構成に近づけることができます。

今使っているモニターを流用したい、自分の好きなモニターを別に用意したいという方はモニター枚数を0枚にして注文することができます。

モニターアームも、カスタマイズ画面で注文無しという選択ができます。

パソコン工房のkabuパソは、ほとんどカスタマイズができないモニター・モニターアーム付きのパッケージ商品だったので、このカスタマイズ性の違いは大きいのではないでしょうか。

グラフィックボードはQuadroシリーズを採用

エーチャージのマルチモニターPCの特徴としては、ほとんどのモデルでグラフィックボードにGeForceではなくQuadroを標準採用している点です。

Quadroには「EDID」という機能が搭載されています。WindowsUpdateなどの後に、マルチモニターの設定が変わり、元通りの画面表示にならないことがあります。

せっかく苦労して見やすいように配置したチャートが、崩れてしまってはうんざりしてしまいますが、QuadroのEDIDをあらかじめ設定していれば、そういったトラブルを回避することができます。

パソコン設置サービスもあり

エーチャージ PC設置サービス

エーチャージではパソコンとモニターの設置と設定を行ってくれる、「PC設置サービス」を行っています。

PC設置サービスはオプションのサービスになりますが、枚数が多くなるほど大変なモニターの設置作業をまかせっきりして、使用できる状態にまでセッティングしてくれるのはとても助かります。

おすすめのマルチモニターPC 

エーチャージ デイトレパソコン 4画面モデル

Acharge 4面マルチ i7 プレミアム
CPU Core i7-8700
GPU Quadro P620 4画面 (HDMI仕様)
メモリ 16GB DDR4-2666
SSD 250GB Western Digital
HDD 1TB Western Digital
マザーボード ASRock B360M Pro4 MATX
光学ドライブ DVDスーパーマルチ LG
電源 500W Silver Stone SST-ST50F-ESB/80+BRONZE
OS Windows10 Pro 64ビット
ケース SilverStone SST-PS13B 黒 ATX

エーチャージで売れ筋の4画面仕様のマルチモニターPCです。

プレミアムモデルなのでCPUにCore i7、ASRock製のマザーボード、SilverStoneのケースなど、高性能・高品質パーツが採用されています。メモリも16GB積まれているので動作にも余裕があります。

本格的にマルチモニターでトレードを始めたい方は、まずこの4画面モデルを選んで見てはいかがでしょうか。

公式Acharge トレード用 4画面対応タワー型パソコン

エーチャージのマルチモニターPCまとめ

  • トレード用マルチモニターPC専門店なので、ラインナップが豊富
  • 自分好みにパーツ構成をカスタマイズすることができる

ツクモ(TSUKUMO)

ツクモ マルチモニタモデル

マルチモニターモデル MM5J-A180/T
CPU Core i5-8400 
GPU ELSA GeForce GT 730 1GB QD
メモリ 8GB DDR4 SDRAM (4GBx2)
SSD 240GB SSD
HDD なし
マザーボード ASUS PRIME B360M-A
光学ドライブ なし
電源 CWT製 550W 80PLUS BRONZE
OS Windows 10 Home

このツクモの「MM5J-A180/T」は、グラフィックボードに1920×1080のフルHD画質を4画面出力することができる「GeForce GT 730」が搭載されています。

手が出しやすい価格なので、トレード専門PCが欲しい方におすすめです。

またツクモでは「MM7J-B180/T」というグラフィックボードに「Quadro P2000」が採用されたモデルがあります。

「MM7J-B180/T」は4K画質で4画面出力ができるモデルです。4Kモニターを使いたい方は「MM7J-B180/T」を選択しましょう。

公式TSUKUMO eX.computer マルチモニタモデル

ツクモのマルチモニターPCのポイント

  • 高品質パーツで安定して動作をするマルチモニターPC
  • ASUSのマザーボードとメジャーチップメモリを採用

最後に

自作パソコンは敷居が高いと感じている方に、BTOショップで販売されているマルチモニターPCはとても助かるのではないでしょうか。

じっくり検討して快適なトレード環境を作ってください。

関連【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の評判と比較

関連【用途別】おすすめのPCモニター11選 スペック表の見方と用語解説

関連失敗しないモニターアームの選び方&おすすめ13選


よく読まれている記事

-BTO
-, , , , ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.