BTO

サイコムの特徴と評判|フルカスタマイズができるBTOショップ

更新日:


BTO サイコム

サイコム(Sycom)はカスタマイズ性の高さが人気のBTOショップです。

好きなブランドのパーツを選んで、自分だけの高品質なBTOパソコンを組みたいならサイコムが1番おすすめです。

この記事ではサイコムの特徴と、実際にBTOパソコンを注文した方の評判や口コミを紹介していきます。

ぜひBTOショップ選びの参考にしてください。

サイコムの特徴

サイコムが人気のBTOショップなのは、カスタマイズ性の高さが1番の理由です。どのような点が他のBTOショップと違うのか紹介していきます。

最新のパーツをメーカー指定できる

BTOショップでメモリやHDDなどのパーツを選択するときに、メーカーが記載されていない時があります。

サイコムでは基本的にどのパーツもメーカーや型番が記載されており、メーカーがわからない「隠し」パーツはありません。

自分の好きなブランドや、性能に定評があるブランドをきちんと選択することができるので安心してパーツ選びができます。

また選択できるパーツは常に最新のパーツが取り揃えられています。

マザーボードが選べる

サイコムではマザーボードをカスタマイズすることができます。

他のBTOショップでは色々なパーツをカスタマイズできても、マザーボードは選択できずに固定されているところがほとんどです。

価格が安いBTOショップだとOEM製のマザーボードでブランド名もわからないことも多いですが、サイコムではASRock、ASUS、MSIなどの人気のマザーボードの中から自分の好きなものを選ぶことができます。

OSなしモデルを選べる

BTOショップでも最近はOSが非搭載のモデルが少なくなってきましたが、サイコムではカスタマイズでOSなしのパソコンを選択することできます。

未使用のインストールディスクを持っていたり、OSを自分で購入して安く済ませたいといった人にも対応することができます。

SLI構成のモデルもあり

高性能なグラフィックを実現させたいといった方のために、サイコムではSLI構成のゲームPCも注文することができます。

もちろんショップで注文したBTOパソコンになるので、万が一のトラブルにも保証対象となるので安心です。

パソコンの組み立てが丁寧

サイコムで注文したパソコンはとても綺麗に組み立てられています。

エアフローのことを考えられた配線は、無駄な長さがなくスッキリと束ねられて綺麗にまとめられています。

他にも利用が不可能な端子には、誇りが入らないように端子カバーが取り付けられていたり、SATAケーブルには抜け防止シールなどが貼られていたりと、ひと目で見てわかる丁寧さがあります。

梱包にもこだわりがあり、サイコムでは輸送時にパソコンの重さに耐えられるようにオリジナルの箱を使用しています。

価格は他のBTOショップより少し高め

サイコムは他のBTOショップと比べると少し価格は高くなります。

特にエントリーモデルやミドルスペックのパソコンは、価格差が大きくなってきます。

しかしハイスペックな仕様のものになってくると、他のショップとの価格差は小さくなってくるので、性能や品質の高さを重視するユーザーにとっては、大きく気にする要素ではなくなってくるかも知れません。

実際にサイコムで注文したユーザーは、満足度が高くリピーターが多いのも特徴です。

サイコムの特徴まとめ

  • どのパーツもメーカーを指定できるカスタマイズ性の高さ
  • エアフローや拡張性を考えられて丁寧に組み立てられている
  • 少し価格は高いが、その分品質はかなり高い
  • ユーザーの満足度が高いのでリピーターが多いBTOショップ

サイコムのPCラインナップ

サイコムでは大きく分けて5つのパソコンラインナップがあります。

自由度の高いカスタマイズができるモデルから、コンセプトモデルまでどれをとっても安定した品質で満足ができること間違いないでしょう。

ラインナップ

  • スタンダードモデル:自由なカスタマイズが可能なモデル
  • Masterシリーズ:ゲーム、静音、水冷、のコンセプトモデル
  • ワークステーション:3DCG、CAD、映像編集などのクリエイター向けモデル
  • Premium Line:品質保証と長期サポートが付いた高品質モデル
  • DeToNatorモデル:ゲーミングチーム「DeToNator」とコラボしたモデル

サイコムのおすすめPC

サイコムのPCラインナップの中から、いくつかおすすめを紹介します。

スタンダードモデル Radiant GZ2800Z390

サイコム Radiant GZ2800Z390

Radiant:GZ2800Z390
CPU Inter Core i5-9600K [3.70GHz/6Core/UHD630/TDP95W] 
CoffeeLake Refresh 搭載モデル
GPU オンボード
メモリ 4GB[4GB*1枚] DDR4-2666 [メジャーチップ・8層基板] Single Channel
SSD なし
HDD TOSHIBA DT01ACA050 [500GB 7200rpm 32MB]
マザーボード ASRock Z370 Pro4 [Intel Z370chipset]
光学ドライブ ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト
電源 SilverStone SST-ET550-B [550W/80PLUS Bronze]
OS Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

サイコムのスタンダードシリーズは自由なカスタマイズが可能なモデルです。カスタマイズが前提になっているので、標準の構成はシンプルなものになっています。

マザーボードのメーカーはASRockだけでなく、ASUSやMSIに変更することが可能で、チップセットもZ390だけでなくH370も用意されています。

ケースはFractal Designが標準ですが、CoolerMaster CM690IIIやAntec P100などの人気ケースも選択することができます。

選択できるパーツが多いとパーツ同士の相性が悪かったり、物理的に取り付けが不可能なパーツなどが出てきてしまいます。しかし、サイコムではパーツの選択に問題がある場合は「あんしん相性チェッカー」によりアラートが出てくるので、安心してパーツ選択を行うことができます。

公式Sycom Radiant GZ2800Z390

静音PC Silent-Master Pro Z390

サイコム Silent-Master Pro

Silent-Master Pro Z390
CPU Intel Core i5-9600K [3.70GHz/6Core/UHD630/TDP95W] 
CoffeeLake Refresh 搭載モデル
GPU GeForce GTX1050Ti 4GB ASUS製 STRIX-GTX1050TI-O4G-GAMING 
メモリ 4GB[4GB*1枚] DDR4-2666 [メジャーチップ・8層基板] Single Channel
SSD Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
HDD なし
マザーボード ASRock Z390 Pro4 [Intel Z390chipset]
光学ドライブ ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト
電源 Corsair RM650x (CP-9020091-JP) [650W/80PLUS Gold]
OS Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

静音パソコンを探している方がいればまず最初におすすめするのが、サイコムの「Silent-Master」シリーズです。

静音を売りにしているパソコンは多いですが、サイコムの「Silent-Master」はただ静音パーツを組み合わせたというパソコンではなく、第三者公的機関での騒音計測を行っています。

通常使用時だけでなく高負荷時でのテスト、更にはCPU温度の計測で冷却性能のチェックも行い、データに基づいた信頼性の高い設計になっています。

CPUファンには静音性に優れたNoctua製の「NH-U12S」を採用、ケースにはAntecのP100を採用し、前面と背面のファンにもNoctua製の静音ファンが取り付けられています。

標準構成のグラフィックボードには、セミファンレスでデュアルファン仕様の静音性に優れた、ASUS製のSTRIX-GTX1050TI-O4G-GAMINGが採用されています。FF14ぐらいの3DゲームならフルHDでも問題なくプレイすることができます。

公式Sycom Silent-Master Pro390

水冷PC G-Master Hydro Z390 Extreme

サイコム G-Master Hydro

G-Master Hydro Z390 Extreme
CPU Intel Core i5-9600K [3.70GHz/6Core/UHD630/TDP95W] 
CoffeeLake Refresh 搭載モデル
GPU GeForce RTX2070 8GB+Asetek 740GN水冷+Enermax UCTB12
+VGAサポートステイ [HDMI*1/DisplayPort*3/DVI*1]
メモリ 16GB[8GB*2枚] DDR4-2666 [メジャーチップ・8層基板] Dual Channel
SSD Crucial CT500MX500SSD1 [SSD 500GB]
HDD なし
マザーボード ASRock Z390 Taichi [Intel Z370chipset]
光学ドライブ なし
電源 SilverStone SST-ST75F-GS V2 [750W/80PLUS Gold]
OS Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

優れた冷却効果を発揮する水冷式冷却ユニットですが、サイコムではCPUだけでなく、CPUとグラフィックボードを別々の水冷式冷却ユニットで同時に冷却することができる、デュアル水冷システムを採用したモデルがあります。

この「G-Master Hydro Z390 Extreme」はCPUの冷却にFractal Designの「Celsius S36」を、グラフィックカードの冷却にはAsetekの「740GN」を使用したデュアル水冷モデルです。

ケースにはFractal Designの「Define S Window」が採用されています。エアフローの確保に140mmのファンを2基搭載し、前面と底面には防塵フィルターが搭載されている機能的なケースですが、更に天板にはサイコムオリジナルの防塵フィルターも搭載されています。

電源には標準でSilverStoneの「SST-ST75F-GS V2」(750W/80PLUS Gold)が採用されており、静音性にも優れているといえるでしょう。

PCの動作安定を求めている方は、冷却性と静音性に優れたサイコムの水冷PCを試してみてはいかがでしょうか。

公式Sycom G-Master Hydro Z390 Extreme

クリエイター向け Lepton WS2700H370-I

サイコム クリエイター向け Lepton

Lepton WS2700H370-I
CPU Intel Core i5-8400 [2.80GHz/6Core/UHD630/TDP65W]
CoffeeLake搭載モデル
GPU NVIDIA Quadro P400 2GB 
メモリ 8GB[4GB*2枚] DDR4-2666 [メジャーチップ・8層基板] Dual Channel
SSD なし
HDD TOSHIBA DT01ACA050 [500GB 7200rpm 32MB]
マザーボード ASRock H370M-ITX/ac [Intel H370chipset]
光学ドライブ DVDスーパーマルチドライブ 
電源 SFX 300W 80Plus
OS Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

サイコムのLepton「WS2700H370-I」はグラフィックボードにNVIDIA 「Quadro P400」を搭載した3DCG、CAD、映像編集などを行っているクリエイター向けのパソコンです。

Leptonではタワー型のモデルもありますが、この「WS2700H370-I」はキューブタイプなのでコンパクトで場所を取らず設置がしやすいのが特徴です。

ほかのモデルと同様にカスタマイズ性も高く、メモリを増設したり、グラフィックカードを強化すればより快適に作業を行うことができるでしょう。

公式Sycom Lepton WS2700H370-I

Premium Line Z390FD

サイコム Premium Line

Premium Line Z390FD
CPU Intel Core i5-9600K [3.70GHz/6Core/UHD630/TDP95W]
 CoffeeLake Refresh 搭載モデル
GPU GeForce GTX1060 6GB ASUS製 STRIX-GTX1060-DC2O6G
メモリ 16GB[8GB*2枚] Crucial Ballistix Sports LT DDR4-2666
ヒートスプレッダー搭載 Dual Channel
SSD ADATA XPG SX8200 Pro [M.2 PCI-E SSD 512GB]
ヒートスプレッダー標準装備 
HDD なし
マザーボード ASUS PRIME Z390-A [Intel Z390chipset]
光学ドライブ DVD; ASUS DRW-24D5MT+ 書込みソフト(標準)
電源 Fractal Design Edison M 650W (FD-PSU-ED1B-650W)
[650W/80PLUS Gold]※高品質Seasonic製OEM※
OS Microsoft(R) Windows10 Home (64bit) DSP版

サイコムの「Premium Line」は高品質なパーツを使用したパソコン本体に、通常より豪華な長期サポートが付いたプレミアムモデルです。

「Premium Line」はサイコムがBTOショップとして培ってきた経験により選出された、動作性能、耐久性、メンテナンス性にすぐれたパーツで構成されたパソコンです。その性能は耐久性は間違いなく高品質といっていいでしょう。

アフターサービスも充実していて、ほかのモデルでは標準の保証期間が1年間のところ、「Premium Line」では保証期間が2年間となっています。

また「無償オーバホール」という特典も付いており、希望のユーザーには内部のクリーニング、CPUグリスの塗り直し、BIOSやドライバの更新を行ってくれます。オーバーホールが終わりパソコンをユーザーに返送するまえには、新品のパソコンと同様に動作確認を行います。動作確認の結果は報告書としてパソコンと一緒に送ってもらえるので、パソコンの細かな状況を知ることができます。

更に「アップグレードサービス」という特典も付いており、パーツをアップグレードする際にはアドバイスや取り付けをしてもらうことができます。アップグレードの際に不要になったパーツは下取りもしてくれるというのも便利です。

パーツを取り替えれば性能もアップするし、長くパソコンを使えることができるのはわかっているけど、自分でパーツ交換をする自信がない。そんな方にもこの「Premium Line」は向いているのではないでしょうか。当然パソコンを買い換えるより、パーツを交換した性能をあげたほうが安くつくので経済的でもあります。

白色のケースのほかに、黒色もあるので好みの色を選びましょう。

公式SycomPremium Line Z390FD

サイコムの保証とサポート

サイコムはカスタマイズ性の高さばかりが注目されがちですが、サポートにもかなり力を入れています。

評判となっているポイントをチェックしてみましょう。

電話・メールサポートについて

サイコムの電話サポートは、平日のみの受付で時間は10時から17時となっています。

受付時間こそ短いですが、知識が豊富なサポート専門のスタッフが対応してくれます。

サポートに電話したときにマニュアル通りの対応をされて、結局なにも解決しなかったということは多くの人が経験したことがあると思いますが、サイコムでは丁寧な応対のサポートの評判が良く、利用した人の満足度が高いという特徴があります。

サイコムの保証制度

初期不良

パソコンが届いてから30日以内の不具合は、初期不良扱いになります。

パソコンを送る送料は往復ともショップ負担になります。梱包は自分で行わなければいけないので、パソコンが届いてもしばらくは箱を残しておいたほうがいいでしょう。

通常保証と延長保証

サイコム 延長保証

サイコムの保証制度は以下の表のようになっています。修理の方法はパソコンをサイコムに送り、修理や動作確認を行うセンドバック方式になります。

  料金 保証期間 方式
通常保証 無料 1年 センドバック
延長保証 商品が80,000円以下は4000円
商品が80,001円以上は商品金額の5%
3年 センドバック

パソコンをショップに送る時の送料はユーザー側が負担しますが、返送する際の送料はショップ側が負担します。

延長保証の料金は80,000円以下が4,000円、80,001円以上の商品の場合は商品金額の5%になります。

保証内容や金額を見てそれほど他のショップと変わらないな、と感じた方も多いかと思いますが、実際にサポートを利用すると不具合が起きたパーツは基本的に交換、ユーザーが伝えた不具合がショップ側の動作確認で再現されなくても、パーツを交換してくれる場合がほとんどです。

他のショップでは不具合があるパーツを修理をしてから本体に付け直すという対応をするところがほとんどですが、コストを負担してでもパーツを新品にしてくれるのはユーザーにとって満足できるポイントではないでしょうか。

保証期間内は何度でも無償修理を実施してもらえます。高額で容易に買い替えができないハイエンドパソコンほど、延長保証に入っておいたほうが安心ができるでしょう。

サイコム 延長保証内容

保証期間終了後の対応

保証期間が終了した後の修理費用は以下の通りです。

  • 修理料金8,100円+部品代金
  • 修理キャンセルの場合は5,400円

サポート・保証まとめ

  • 電話受付時間は短いが、サポート専任のスタッフが丁寧に対応
  • 故障したパーツは新品に交換してくれる場合が多い
  • 保証期間内は回数に制限なく無償修理ができる

 サイコムの支払い方法

サイコムでは各種支払方法に対応しています。都合のいい方法を選びましょう。

支払い方法

  • 銀行振込
  • Amazon Pay
  • 代金引換
  • セブンイレブン払い(30万円まで)
  • クレジットカード
  • ショッピングローン

サイコムの評判・口コミ

サイコムの口コミを集めてみました。

評判としては配線が綺麗で組み上げが丁寧など、品質の高さを評価している口コミがとても多く見られました。良くない口コミとしては品質と同様に値段も高めというものがほとんどでした。

サポートに対しても評判が良く、パソコン購入者の満足度は高いショップだといえるでしょう。

まとめ

BTOでパソコンをカスタマイズしている時に、パーツが固定されていたり、選べるパーツの種類が少なくて不満を感じたことがある人は多いと思いますが、サイコムではパーツ選択に関して不満に感じることはほとんどないのではないのでしょうか。

またサイコムは最初こそカスタマイズ性の高さにばかり目がいきますが、実際に利用するとサポートにもこだわるBTOショップということがわかります。

妥協がしたくないこだわり派もサポート重視派にもサイコムはオススメです。

公式Sycom(サイコム) オンライン通販

関連【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の特徴と比較


よく読まれている記事

-BTO
-, , ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.