Amazon

学生ならAmazon Prime Studentに入らないと絶対損する理由

更新日:


先日Amazonプライムの記事を書いていて、”Prime Student(旧Amazon Student)”というサービスの存在に気づきました。しょっちゅうAmazonで買い物をしているのに、自分はもう学生じゃないので完全にスルーしていたんですね。

んでもってPrime Studentがどんなものかちょこっとのぞいて見たらすごいお得なサービスだとわかりました。Amazonプライムの充実したサービスを半額で受けることができて、更にPrime Student会員だけの特典もあります。私はもうPrime Studentの特典に授かることはできませんが。学生のみなさんは絶対にこのサービスを利用した方がお得です!

公式Prime Student

「Prime Student」の特典「Amazonプライム」との違い

Prime StudentはAmazonプライムの学生版といったところでしょうか。会員が受けることができる特典は似ているのですが、金額面でかなり優遇されています。金額の他にもPrime Studentだけのサービスがあります。

年会費はAmazonプライムの半額1900円、しかも6ヶ月間無料

Prime Studentの年会費は1,900円、Amazonプライムが年会費3,900円なので半額以下ですね。Amazonプライム以上の特典を受ける事ができて、この金額はすごく安いです。社会人の私にはうらやましいかぎりです。

年会費でなく月会費200円で入会することもできますが、当然年会費で支払ったほうが安いのでそちらをおすすめします。

書籍を買うと10%のポイント還元される

Amazonで販売されている書籍を買うと10%のポイントが付きます。これはAmazonプライムには付いていない特典です。コミックと雑誌は対象になりませんが、10%はすごく大きいです。いつの間にかポイントが溜まってそうです。Amazonで本をたくさん買う私には、この特典がすごくうらやましい…

Prime Student限定キャンペーン

上に書いた3つの特典の他にもPrime Student会員限定キャンペーンを行っているので、時々チェックしておきましょう。この記事を書いている時は、教科書買取金額10%増額キャンペーン、Wantedlyプレミアム月会費無料、就職四季報発売キャンペーンが行われていました。

他にも入会時にクーポンが付いてきたり、購入時のポイントが多く付与されたり、パソコンやモニターが安く購入できたり、Prime Student だけのキャンペーンがその時々により色々と実施されています。

音楽も映像も見放題、お急ぎ便使い放題

Prime Studentのすごいところは、Amazonプライムと同じ特典を使えるところです。Amazonプライムの記事で、以下の特典について詳しく書いているので参考にしてください。

関連Amazonプライム歴10年超えの私がメリットを解説します

お急ぎ便使い放題、配送料無料

非会員だとお急ぎ便に360円かかります、また日時指定便や当日お急ぎ便を使った場合は、514円の配送料が必要です。それらの配送料がすべて無料になります。

プライムビデオで映画・TVドラマ見放題

プライムビデオではものすごい量の映像コンテンツを楽しむ事ができます。プライム対象のコンテンツであれば、何本コンテンツを消費しても無料です。プライムビデオは無料体験の間は利用できませんが、有料会員に切り替わった時に利用できるようになります。

Prime Music プライムラジオで音楽が聴き放題

Prime Musicでは100万曲以上の楽曲が無料で楽しめます。加えてプライムラジオというサービスも利用できます。新しい曲を発見したい方は、プライムラジオもおすすめです。こちらは有料会員限定のサービスです。

日用品・サプリが表示価格より15%OFFで買える

定期おトク便を使えば通常は対象商品の日用品・サプリが15%OFFで買う事ができます(通常は10%OFF)。こちらは2017/6/30までのキャンペーンとなっています。

プライムフォトで写真を無制限に保存できる

プライムフォトというクラウドサービスを利用することができます。容量に制限がないので何枚でも写真を保存する事ができます。

Prime Nowなら1時間で荷物が届く

対象エリアが限られますが、Prime Nowを利用する事ができます。最短で1時間で品物を配達してくれるので、どうしてもすぐに必要な物がある時は助かります。

Kindle本が毎月1冊無料で読める

毎月1冊Kindle本を無料で読む事ができます。和書は2万冊、洋書は60万冊のラインナップの中からタイトルを選ぶ事ができます。本を読むにはKindle端末Fireタブレットが必要になりますが、端末代のもとがじゅうぶん取れるサービスだと思います。こちらも有料会員のみのサービスになります。

Amazonパントリーが利用できる

Amazonパントリーはディスカウント価格で、日用品と食品を1品から買う事ができるサービスです。ケース買い並の価格で飲料水や食品をひとつから買えるので、色々な味を試したかったりケース買いだと量が多すぎるといった人にぴったりです。

Amazonタイムセールに30分早く参加できる

Amazonではタイムセールを毎日開催していますが、会員限定で30分早くタイムセールに参加する事ができます。人気の商品はすぐに売り切れてしまうので、会員でないとなかなか買うことはできないでしょう。

関連これを見ればAmazonタイムセールが全部わかる!

Twitch Primeに入会できる

Amazon Primeに入会すると同時に”Twitch Prime”にも入会することができます。広告なしに配信がみれたり、毎月無料でゲームがもらえたり、Twitch チャンネルのスポンサー登録が可能になったりと特典がたくさん付いてきます。

ゲーム好き、ゲーム配信が好きな人にはたまらない特典でしょう。

Prime Studentの対象者

Prime Studentの対象者は日本国内の大学、大学院、短期大学、専門学校、高等専門学校の学生です。高校生は対象になりませんが、高等専門学校は例外となっています。

そのほかには学籍番号を持っている事が条件となります。学籍番号がない場合は学生用Eメールや学生証の写しなどでも代用ができるようです。

上記の対象になる学校に通っていれば、年齢の制限はありません。AmazonプライムからPrime Studentへの切り替えもできるようです。

Prime Studentを利用できる年数

Prime Studentは利用年数が最大で4年となっています。会員になった日から4年なので、学校を卒業して社会人になっても、入会日から4年間はPrime Studentの会員のままでいられます。逆に何年留年しても会員になってから4年経てば、会員資格はなくなります。

Amazon Studentの支払い方法について

Prime Studentの支払いはクレジットカードとなります。クレジットカード以外ではVISAデビットカード、auを使っている方はau WALLETプリペイドカードが利用できます。

もちろん自分のクレジットカードでなくても、同意があればご家族の方のクレジットカードを利用する事ができます。

無料体験期間から有料会員への自動切り替えを防ぐには

こちらのページから「Prime Student 会員情報の管理」にすすみ自動切り替えを行わないように設定して下さい。

まとめ

Amazonを頻繁に買い物をする方はもちろんですが、利用回数がそれほど多くないという方でも1,900円という価格でこれだけの映像と音楽コンテンツ、本の無料配布を享受できるのはお得としかいいようがありません。ぜひこの学生の特権、Prime Studentを利用して豊かな学生生活を送って下さい。

公式Prime Student


よく読まれている記事

-Amazon
-,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.