Amazon

Amazonプライムの使ったことのないサービスを利用してみよう

更新日:


Amazonプライムってどうなんだろう?入ったほうが得なのかな?
この記事を読んでいる方は、そんな疑問を持っている事と思います。

結論から言うと入ったほうが断然お得です。損得勘定を計算するまでもなく、メリットだらけです。本国アメリカではすでに6,500万人以上が、Amazonプライムの会員になっているといわれています。

私が会員になった10年前は「お急ぎ便」という注文の翌日までに、荷物を届けてくれるサービスしか特典がありませんでした。しかし今では映画・ドラマ見放題、音楽聞き放題、毎月電子書籍1冊プレゼント等の特典がたくさんありますので、年間で4,900円(税込み)の会費はすぐに元がとれます。

この記事ではAmazonプライムの色々な特典を解説します。紹介する内容がたくさんあって記事が長いので、目次を見て興味のある項目から見て頂いてもいいかもしれません。Amazonプライムは30日の無料お試し体験がありますので、気になるサービスがあったら一度利用してみましょう。

公式Amazonプライム

無料の配送特典

Amazonでは3つの配送オプションが用意されていますが、どれを利用してもAmazonプライム会員は配送料が無料になります。

お急ぎ便

注文確定日から3日以内に、荷物を届けてくれます。
商品にもよりますが、都市部ではだいたい注文の翌日には配送してくれるのではないでしょうか。会員でない場合は税込み360円の配送料が必要です。

当日お急ぎ便

その名の通り、注文した品物をその日のうちに届けてくれます。
私の住んでいる地域では、午前0時から朝方にかけて注文した品物は当日に届けてくれます。寝る前にAmazonで注文をして、仕事を終えて家に帰ったら品物がついています。これは本当に便利です。一度この当日お急ぎ便に慣れてしまうと、プライム会員を続けざるを得ないです。会員でない場合は税込み514円の配送料が必要です。

お届け日時指定便

配達する日時を指定して注文できます。会員でない方は税込みで360円、もしくは514円の配送料が必要になります。

特別取扱商品の手数料が無料になる

家具や水などの重量がある商品は、特別取扱商品として別途手数料が必要になる場合があります。しかしAmazonプライム会員は手数料が無料です。

通販の便利なところは重かったり、かさばる物を自宅に配送してくれるところです。Amazonプライム会員であれば、余計な手数料を払わずに重量のあるものを注文することができます。

映画・ドラマが見放題の「プライム・ビデオ」

プライム・ビデオでは様々な映像コンテンツが、プライム会員に無料で公開されています。

海外ドラマでは「ウォーキングデッド」や「プリズンブレイク」、日本のドラマでは「逃げるは恥だが役に立つ」などの人気作品を視聴することができます。
映画に関しても新作から旧作まで、たくさんのラインナップがあり何を見るか迷ってしまいます。
現在テレビ放映中の最新アニメも見ることができるので、放送を見逃した方はプライム・ビデオで自分の好きな時間に作品をキャッチアップできます。一気に全話通して見たいという方は旧作を楽しんで下さい。

他にもご家族で楽しめる子供向けの作品や、ドキュメンタリー作品、お笑い作品など盛りだくさんです。「Fire TV Stick」があればプライム・ビデオの映像を、テレビに写すこと事もできるのでご家族みんなで楽しみたい方にはおすすめです。

公式アマゾンプライムビデオ

音楽が聴き放題の「Prime Music」と「プライムラジオ」

Prime Musicでは、100万曲以上の楽曲が無料で聴き放題です。Amazon Musicアプリを使えば、スマホなどにダウンロードした楽曲をオフラインで聴くことができます。また数百個ものプレイリストが用意されているので、気分に合わせて音楽を聴くことができます。

またプライムラジオも無料で利用できます。こちらはBGMとして最適でポップ、ロック、ジャズ等のジャンルを選んで、楽曲をラジオの様に流す事ができます。プライムラジオのプレイヤーには「サムアップ」、「サムダウン」ボタンがあり、ボタンをクリックする事によって好みの曲とそうでない曲を判別し、ラジオがパーソナライズされていきます。

公式Prime Music

本・雑誌・漫画が読み放題の「Prime Reading」

Prime Readingはプライム会員なら追加料金なしで、本・雑誌・漫画が読み放題のサービスです。

Kindle端末を持っていなくとも、PCやスマホで楽しめるのも嬉しいポイントです。

公式Prime Reading

好きな本を1冊選べるKindleオーナーライブラリー

Kindleオーナー ライブラリーは、毎月1冊自分が選んだ本を無料で読むことができるサービスです。ただしKindle端末Fireタブレットを持っている方に限られます。プライム会員の人でも意外と利用している人が少ないサービスですが、とてもお得なので利用しない手はありません。

公式Kindleオーナーライブラリー

膨大なKindle対応書籍

Kindleに対応している和書は約50万冊、洋書は約500万冊程の膨大な数になります。Kindleには数千冊もの本を保存できて、通勤・通学に持ち歩けるのでとても便利です。電子書籍は一度使うとその便利さに、二度と手放せなくなります。

「Amazon Photos」は無制限に画像を保存できる

Amazon Photosは写真を保存できるクラウドサービスです。クラウドサービス自体はたくさんあると思うのですが、Amazon Photosのすごいところは、容量が無制限なのでいくらでも写真データを保存できます。また写真データのほかに5GBの動画データも保存することができます。

Amazon Photosは、様々な画像フォーマットに対応しています。JPEG、GIF、BMP、PNG等の画像フォーマットはもちろん、カメラの機種によって拡張子が変わるRAWファイルにも対応しています。これは本格的に写真を趣味にしている方には嬉しいのではないでしょうか。ニコン、キャノン、ソニーの主要モデルに対応しています。

無圧縮の高画質な写真を無制限に保存したい人は、プライムフォトをうまく利用しましょう。

公式Amazon Photos

セールでの特典がいっぱい

アマゾンで開催されているセールは毎日行われている「タイムセール」、定期的に開催されている「タイムセール祭り」、また年に一度だけ行われる大型セールの「プライムデー」「サイバーマンデー」があります。

プライム会員でなくともセールに参加することはできるのですが、一般会員はプライム会員よりセールの参加が30分送れます。数量が限定されている人気商品や、大幅な割引が実施されているアイテムを確実に手に入れるには、プライム会員になるのは必須です。

関連これを見ればAmazonタイムセールが全部わかる!

「Prime Now」なら1時間で商品が届きます

Prime Nowは最短で注文してから1時間で商品が届く、プライム会員向けの便利なサービスです。

配達時間は1時間と2時間から選択することができますが、1時間便は890円の配送料がかかるので注意が必要です。2時間便でも十分に早いので、余程緊急でなければ2時間便の利用が中心になるでしょう。商品金額は2,500円から配達してくれます。

Prime Nowの対応エリアはまだ限定的ですが、どんどん拡大してきています。また「三越本店」、「ココカラファイン」、「マツモトキヨシ」という提携店からも配達がはじまり便利さが増しています。

公式Prime Now

生鮮食品が届く「Amazonフレッシュ」

 

Amazonフレッシュは新鮮な生鮮食品や日用品などを届けてくれるサービスです。ネットスーパーと同じサービスと言えますが、22:00から24:00などの遅い時間にも配達をしてくれるので、帰宅の遅い一人暮らしの方にも使いやすいサービスではないでしょうか。

現在は対応エリアが限定的ですが、順次拡大中です。

公式Amazonフレッシュ

あなたのペット専用にカスタマイズ「Prime Pets」

Prime Petsはペットフードやペット用品が10%割引になるサービスです。ペット情報を入力しておけば、登録したペットにあわせたお得な情報を配信してくれます。ペット情報は5匹まで登録することができます。

公式Prime Pets

「バーチャルダッシュ」お気に入りの商品の管理が楽になる

 

バーチャルダッシュはお気に入りの商品の再注文を簡単にするサービスです。

再注文の多い商品をあらかじめ登録するだけでなく、頻繁に再注文する商品があれば自動的にバーチャルダッシュボタンが作成されます。

公式バーチャルダッシュ

「Amazonパントリー」が利用できる

Amazonパントリーはケース買いでしか買えないような、食品、飲料、日用品を低価格で1品から注文する事ができます。注文した品物は一箱にまとめられて送られてきます。Amazonをはじめとしたネット通販は品物を安く買うことができますが、ケース売りが多く色々な商品を1品ずつ買って試すといった事はむずかしいです。気になってはいるけど、ケース買いする勇気はない商品などを試すにはとても便利だと思います。

Amazonパントリーを利用するには290円の手数料が必要になりますが、手数料無料のキャンペーンを頻繁にやっているので、その時にサービスを利用してみてはいかがでしょうか。

公式Amazonパントリー

「Twitch Prime」が利用可能

Twitchはライブストリーミング配信サイトです。特にゲーム配信に関しては世界一の規模を誇っています。ご存知の方も多いと思いますが、Twitchの親会社はAmazonです。

Amazon Primeに入会するとTwitch内での特典を受けることができる”Twitch Prime”に同時に入会することができます。Twitch Primeの特典は以下のようなものがあります。

  • 広告が表示されない
  • 毎月ゲームが無料でもらえる
  • 配信者のスポンサー登録ができる
  • チャットで使用できる専用スタンプがもらえる
  • 会員専用バッジがもらえる

人気ゲームの特典や、無料ゲームが毎月もらえるのでゲーム好きはAmazonプライムとTwitchの連携を忘れないようにしましょう。

公式Twitch Prime

Amazonプライムへの入会方法

Amazonプライム公式ページにいき「30日間の無料体験を試す」をクリックしてください。
あとはページの説明どおりに入力するだけです。

以前は年間払いのプランしかありませんでしたが、ひと月あたり500円の月間払いプランも選択できるようになりました。

より気軽にアマゾンプライムを試す事ができるようになりましたが、年間プランよりも月間プランは割高になっています。1年間継続して月間プランを支払うと6,000円になるので、年間プランの4,900円より1,100円高くなってしまいます。

アマゾンプライムを月間プランで始めるのはおすすめですが、継続してアマゾンプライムに入会するのであれば年間プランに切り替えるのを忘れないようにしましょう。

Amazonプライムの支払い方法

Amazonプライムは基本的にクレジットカードかデビットカードでの支払いになります。無料体験の登録の際にも、クレジットカード情報の入力が必要になります。

auを使っている人に限られますが、その他の支払い方法としてau WALLETも使えます。

家族2人をプライム家族会員として登録できる

Amazonプライムは登録した本人のほかに、同居してる家族2人をプライム家族会員として登録する事ができます。プライム家族会員はプライムビデオなどが利用できないという制約がありますが、登録は無料ですのでAmazonプライムに入会したら、必ずプライム家族会員を登録しましょう。

プライム家族会員は以下の特典が付きます。

  • お急ぎ便が無料
  • お届け日時指定便が無料
  • 特別取扱商品の取扱手数料が無料
  • プライム会員限定先行タイムセール
  • Amazonパントリー

登録は「トップページのアカウントサービス」→「Amazonプライム会員情報の管理」→「家族会員の登録内容を送る」と進んで下さい。

Amazonプライムの退会方法

心配な方もいると思うので、解約の方法についても書いておこうと思います。

Amazonプライムの無料体験は30日間を過ぎる前に退会手続きをしないと、自動的に有料会員に切り替わります。手続きを忘れるのが心配な方は無料体験を登録した後すぐに、自動で有料会員に切り替わらないように設定しましょう。

無料体験も有料会員も解約の手続きは同じ

無料体験もすでに有料会員の方も、解約の手順は以下の通りです。

こちらのページに飛び「Amazonプライム会員登録のキャンセル」をクリックします。

「会員資格を終了する」をクリック

「今すぐ解約する」、「後で終了する」の2つのボタンがでてきます。まだ会員期間が残っているなら「後で解約する」を選んでおきましょう。

学生なら6ヶ月無料の「Prime Student」が断然お得

学生の方にはPrime Studentというプランが用意されています。無料体験期間がなんと6ヶ月という大盤振る舞い。無料体験が終わっても月会費250円、年会費2,450円と学生にうれしい価格設定になっています。

サービスもものすごい充実っぷりで、無料体験では以下のサービスが利用できます。

  • お急ぎ便使い放題
  • Prime Nowをが利用できる
  • 本+10%ポイント還元
  • 日用品・サプリ10%OFF
  • 写真保存の容量無制限
  • Amazonパントリーが利用できる
  • タイムセールに30分早く参加できる
  • 文房具・ノートが20%OFFまで

そして有料会員になると更に以下のサービスが追加されます。

  • 映画やTV番組が見放題のプライムビデオが利用できる
  • 100万曲以上聴き放題のPrime Musicが利用できる
  • Kindle本から月に1冊無料で本を読む事ができる

更に!!会員限定キャンペーンとして色々な割引セールを行っています。この記事を書いている時点では、PCモニターの割引、教科書の買取金額の強化などがおこなわれていました。

公式Prime Student

最後に

記事を読んでいただいた方は、年会費の元がすぐに取れるのがわかってもらえたと思います。AmazonはこれからもAmazonプライムのサービスを、拡充していくのではないでしょうか。ちなみにこのAmazonプライム、同じサービス内容なのですがアメリカでは年会費が99ドルかかります、日本円に換算するとゆうに10,000円を超える金額です。イギリスでも同じくらいの金額の年会費が必要です。

日本では大分お得なAmazonプライム、本当に入って損はないと思うので、一度無料体験を試してみてはいかがでしょうか。

公式Amazonプライム


よく読まれている記事

-Amazon
-,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.