ノートPC&タブレット

使いやすさで選ぶ 2in1タブレット/ノートPC おすすめ8選

更新日:


キーボード付きのノートパソコンとしても、タブレットとしても使用できる2in1タブレット/PC。

キーボードを使ってノートパソコンとして事務作業に使えるほか、タブレットに変形させれば動画視聴やブラウジングに便利です。

またタッチペンを使えば、ペンタブとして使用したりPDFに直接書き込みをして校正をすることもできます。

2in1PCは用途によって形を変えることのできる欲張りなPCですが、いくつかの種類と選ぶ時のポイントがあります。

この記事では2in1タブレット/PCをチェックする時のポイントとおすすめの機種を紹介しますので、購入の際の参考にしてください。

セパレートタイプとコンバーチブルタイプ

2in1タブレット/PCはセパレートタイプとコンバーチブルタイプに大きく分かれます。

まずはそれぞれのタイプの特徴を理解し、自分に合った2in1PCがどのタイプなのかを知って起きましょう。

セパレートタイプ(デタッチャブルタイプ)

セパレートタイプは液晶部分とキーボード部分を切り離すことができます。タブレットとしての使用時間が長いのであれば、セパレートタイプの方がキーボードの重さがない分、快適に使用することができるでしょう。

コンバーチブルタイプ

コンバーチブルタイプは液晶部分とキーボードが分離しないタイプです。

コンバーチブルタイプはノートパソコンやタブレットのように使うほかに、スタンドモードやテントモードに変形させて使用することができます。

タブレットにしたときにキーボードの分の重さが付いてきますが、動画視聴のときにスタンドモードに変形できるのは使い勝手がよく、現在発売されている2in1PCの多くはこのコンバーチブルタイプです。

ThinkPad X1 Yoga 360 Animation Video_Black

2in1PCを選ぶ時のポイント

CPU性能

CPU性能は処理速度に直結します。価格だけを見て機種を選ぶと、処理速度の遅さにストレスを感じてしまうこともあります。

オフィスソフトなど仕事を中心に使うなら、CPU性能がある程度高い機種を選んだ方がいいでしょう。ブラウジングや動画視聴のみに使う場合でも、CPU性能が低いとタブを複数開いたときに動きが遅くなったり、カクつくことがあります。

オフィスソフトを使うのであれば、Core i3やCore i5 搭載のモデルを選んた方が無難です。

メモリ

2in1PCでは後でメモリを増設することは基本的にできません。

メモリは4GB以上欲しいところですが、メモリが2GBの製品も発売されています。サクサクと動く2in1PCが欲しい場合は8GB以上のメモリを選択しましょう。

メモリが足りないとパソコンが重くなったり、突然フリーズすることがあります。

ストレージの種類と容量

ストレージの種類にはHDD、SSD、eMMCの3種類があります。起動時間や読み込み速度で選ぶならSSDですが、価格の安いモデルはeMMCやHDDを採用している場合が多いです。読み込みの速さはSSDが一番早く、その次にeMMC、HDDと続きます。

ストレージの容量が少ないモデルの場合は、クラウドや外部ストレージなどを使い上手にデータを管理しましょう。

関連おすすめUSBメモリー10選 コスパ重視から高性能モデルまで

関連外付けHDD/SSDのおすすめ8選【据え置き&ポータブル】

液晶のサイズ

液晶のサイズは使いやすさに直結する重要なポイントです。

液晶サイズが大きいとキーボード付きの形では使いやすい反面、タブレットとして使用するときには大きすぎて使いにくかったり、持ち運びに不便だったりします。

軽さや持ち運びを重視するなら8型、ノートパソコンとして使用することが多いのなら12型、バランスを取るなら10型と液晶サイズの目安を付けておきましょう。

駆動時間・バッテリー

持ち運びがしやすいようにサイズが小さかったり、軽量化が図られているからといって駆動時間が短いと後々困ることになります。

すぐに充電できるような環境で使用することが多いのなら、駆動時間が少なくても困ることは少ないですが、外出先で使用することがメインなら駆動時間は必ずチェックしておきたいポイントです。

2in1 PCを選ぶ時のポイント まとめ

  • Microsoft Office を使うのであれば、CPUはCore i3 以上がおすすめ
  • メモリはブラウジング程度なら4GB、事務作業も行うなら8GB欲しい
  • ストレージの容量が少ない場合は、外部ストレージを有効に活用したい
  • おすすめの液晶サイズは持ち運びが多いなら8型、事務作業が多いなら12型以上、バランスを取るなら10型
  • 外出先で使用することが多いなら、駆動時間を必ずチェック

カスタマイズが可能な場合もあり

直販サイトでは、ストレージやメモリ容量を自分好みにカスタマイズして注文できる場合が多いです。

パーツのほかにも Microsoft Office の有無や、指紋認証などのオプション付きかどうかなど幅広いカスタマイズが行なえます。

おすすめの格安 2in1PC 

レノボ YOGA 330

レノボの「YOGA 330」は低価格ながら、128GBのeMMCストレージに4GBのメモリが搭載されているモデルです。

CPUはCeleronのN4000なので負荷の強い作業は向いていませんが、動画視聴やブラウジングを行うぶんには全く問題がないでしょう。

USB3.0、USB 3.0 Type-C、 USB 2.0、 HDMI、メディアカードリーダーなど多くのものに対応したインターフェイスを搭載しているので、どんなデバイスでも接続に困るということはありません。

レノボ製品は公式の直販サイトでEクーポンを使えば、かなり安くPCを購入することができます。

  • タイプ:コンバーチブル
  • CPU : Celeron N4000
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128GB eMMC
  • 液晶サイズ:11.6型
  • 駆動時間:10.5時間
  • 重量:1.25kg

公式Lenovo Yoga 330 直販サイト

FRONTIER  FRT103

フロンティアの「FRT103」は必要最低限のスペックしかありませんが、ちょっと出先でメールや資料を確認したいけどノートPCまで大げさなものはいらない、といった人に向いている2in1PCです。

とにかく価格が安いものを探しているなら検討してみましょう。

  • タイプ:セパレート
  • CPU :  Atom x5-Z8350
  • メモリ:2GB
  • ストレージ:32GB eMMC
  • 液晶サイズ:10.1型
  • 駆動時間:4時間
  • 重量:本体約593g、キーボード336g
  • 付属ソフト:Mobile Office

公式フロンティア 公式通販サイト

ASUS TransBook R105HA

ASUSの「TransBook R105HA」はタブレット単体の薄さが9mmで重さが約580gと持ち運びの負担にならない2in1PCです。

今まで紹介した低価格帯の2in1PCのなかでは駆動時間が13時間と一番長く、バッテリー切れで悩まされるということはほとんどないのではないでしょうか。

インターフェイスは”USB2.0”、”micro USB”、”micro SD”に対応しています。”USB3.0”に対応していないのが少し残念ですが、この価格帯ではコストパフォーマンスが良く1番おすすめの製品です。

  • タイプ:セパレート
  • CPU :  Atom x5-Z8350
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:64GB eMMC
  • 液晶サイズ:10.1型
  • 駆動時間:約13時間
  • 重量:タブレット約580g、タブレット+キーボードドック約1080g
  • 付属ソフト:Mobile Office

公式ASUS TransBook R105HA
icon

DELL New Inspiron 11 3000 2-in-1 エントリープラス

デルの「New Inspiron 11 3000 2-in-1」はコンバーチブル型の2in1PCです。

先程紹介したASUSと同価格帯の製品ですが、「TransBook R105HA」に比べると、ストレージの容量が小さく、駆動時間が短くなっています。

しかし画面サイズは「TransBook R105HA」の10.1型に対し、「New Inspiron」は11.6型へと大きくなり、インターフェイスもHDMIとUSB3.0に対応しています。

  • タイプ:コンバーチブル
  • CPU :  AMD A6-9220e 
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:32GB eMMC
  • 液晶サイズ:11.6型
  • 駆動時間:11時間
  • 重量:1.265kg

公式DELL オフィシャルサイト

おすすめの高性能 2in1PC 

Lenovo ThinkPad X1 Yoga 20LD002XJP

レノボの「ThinkPad X1 Yoga」は、CPUにインテル Core プロセッサーを搭載した2in1PCです。

高性能なCPUに加えてLPDDRメモリが8GB搭載されているので、処理が高速でPCの動作がもたつくということはほとんどないでしょう。

「ThinkPad X1 Yoga」は約16時間のバッテリー駆動が可能です。また1時間で容量の80%まで充電させることができるので、ちょっとしたスキマ時間に充電を行うだけで1日PCを駆動させることができます。

その他にも、指紋認証が搭載されていたり、本体に充電式のタッチペンを内蔵しているという多機能っぷりです。

仕事にも耐えられる高機能な2in1PCを探してる人は、ぜひ「ThinkPad X1 Yoga」チェックしてください。

公式ページではCPUや液晶の解像度、ストレージの容量などがカスタマイズできるので、好みの仕様にすることができます。

  • タイプ:コンバーチブル
  • CPU :  インテル Core i5-8250U
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:128GB SSD
  • 液晶サイズ:14.0型
  • 駆動時間:約16.0時間
  • 重量:約1.42kg

公式レノボ 公式 オンラインストア

Panasonic レッツノート RZシリーズ

パナソニックのレッツノート「RZシリーズ」は本体の重量が約775グラムと、とても軽いのが特徴の2in1PCです。

OSに「Windows 10 Pro」が搭載されているので、リモートデスクトップ機能で別の場所にあるパソコンにアクセスしてデータを閲覧したり、外付けのHDDを暗号化してセキュリティを高めることができます。

Office Home & Business 2016 がプリインストールされているので、ビジネス用途で使う2in1PCを探してる人におすすめの機種です。

  • タイプ:コンバーチブル
  • CPU :Core i5-7Y57 vPro
  • メモリ:8GB
  • ストレージ:256GB SSD
  • 液晶サイズ:10.1型
  • 駆動時間:約11.5時間
  • 重量:約0.775kg
  • 付属ソフト:Office Home & Business 2016

公式パナソニック レッツノート RZシリーズ

Surface Pro /Intel Core m3/4 GB RAM

マイクロソフトの「Surface Pro」は重量の軽さと長時間駆動を可能にした、モバイル用途にとても快適な2in1PCです。

別売りの「Surface Pen」はクリエイターの方はもちろんですが、ビジネス用途でPCを使っている人にも便利です。書類データに直接ペンで書き込みをしたり、メモを取ることができます。

LTE接続のモデルも用意されているので、Wi-Fiが届かないような場所でも通信を行いながら作業を行うことができます。

軽さに加えて、液晶画面の大きさを重視する方におすすめです。

  • タイプ:セパレート
  • CPU : Core m3 
  • メモリ:4GB
  • ストレージ:128G SSD
  • 液晶サイズ:12.3型
  • 駆動時間:約13.5時間
  • 重量:約768g

公式マイクロソフト オンラインストア

TOSHIBA dynabook Vシリーズ

東芝の「dynabook V82/M」は静電ペンが付属した長時間駆動の2in1PCです。

「V82」はバッテリー駆動で約16.5時間使用できますが、充電がなくなったときにも30分のチャージで約7時間動かせる急速充電が行えます。

静電ペンが最初から付属しているのでペンタブとして使用したり、ペンを使用したタッチ操作をしたい方にもおすすめです。

スピーカーにはヨーロッパのオーディオメーカーの「harman/kardon」を採用。本体の薄さからは想像ができない高音質のサウンドを楽しむことができます。

処理速度、高画質、高音質でどんな用途にも使えるオールマイティな2in1PCです。

  • タイプ:コンバーチブル
  • CPU :  Core i7-8550U
  • メモリ:16GB
  • ストレージ:512GB / 1TB SSD
  • 液晶サイズ:12.5型 ワイドFHD液晶
  • 駆動時間:約16.5時間
  • 重量:約1,099g

公式東芝ダイレクト

最後に

仕事にも、プライベートにも活躍する2in1PC。

しっかりと吟味して、納得する機種を見つけて下さい。

関連【2019】おすすめのBTOパソコンメーカー15社の特徴と比較

関連失敗しない中古PC・中古タブレットの選び方とおすすめショップ12選


よく読まれている記事

-ノートPC&タブレット
-, , , ,

Copyright© Lantern Blog , 2019 All Rights Reserved.